コラム

 公開日: 2014-02-04 

戦略や目標を立てるにはSWOT分析が最善

株式会社 E-ビジネスコンサルの新里亮吾(しんざと・りょうご)と申します。
主に、ISO関連のコンサルティング、管理者教育などを行っております。
【コンサルタントの思うこと】や【各種情報】をランダムに記載しております。

*** *** *** *** *** ***

■ 戦略や目標を立てるにはSWOT分析が最善策

ISOを取得している会社はもちろん、そうでない会社の方にとっても(経営戦略や営業目標を立てる際に)必須だと思われるのが、SWOT(スウォット)分析です。

SWOT分析とは・・・。組織内部の、① 強み(Strength)と、② 弱み(Weakness)、外部環境の、③ 機会やチャンス(Opportunities)と、④ 脅威やリスク(Treat)を分析した上で、経営戦略や目標を設定する手法です。

2015年、ISO 9001(品質マネジメントシステム)、ISO 14001(環境マネジメントシステム)の規格が改定されることは前回お伝えしましたが、新しく追加される要求事項で最も重要なものは、組織の内部・外部の課題を明確にすること、及び『機会(チャンス)』と『リスク(脅威)』を明確にすることです。内部環境と外部環境を分析し、機会と脅威を分析する・・・。これはまさにSWOT分析の手法そのものです。

私も(ISOとは関係なく)管理者教育などを実施・コンサルする場合に、このSWOT分析を取り入れており、以前から『この手法は、どの企業も取り入れる必要がある』と感じておりました(実際に、多くの企業で取り入れられています)。

SWOT分析は、多様な使い方ができます。会社全体の経営状態分析も、部署単位の分析もできます。ある一つの商品をターゲットに分析することも、一つの企業(顧客や取引先)をターゲットにして分析することもできます。新規ビジネスの有効性分析にも使用することができます。

自分の会社に強み(例えば、技術、人数、情報、地域性など)があって、かつ市場にもチャンスが転がっている状態なら、積極的に(1年以内の短期で)勝負をかける戦略を取ります。逆に、自社に弱みがあって(他社との競争力がなく)、市場も縮小傾向なら撤退戦略を取ります。もちろん、強みがあるけれど市場は縮小傾向の場合、弱みがあるけれど市場は成長している場合、などの戦略も分析できます。

企業として生き残るためには・・・。低価格戦略か高価格・付加価値戦略か、ITを活用するか否か、無料化・フリー化戦略を用いるか否か、少子化、高齢化、独居化、核家族化にいかに対応するか、アジア・米国・EUの変化をどう予見するか、外注するか否か、地域のライフスタイル、人口動態などにどう対応するか、真似(二番煎じ)戦略を取るべきか否か、ブランド化すべきか否か、ライバル企業をどう分析するか、円高予測か円安予測か、取引業者の経営状況把握、銀行はどのような経営計画に対してお金を融資してくれるか、今後の顧客はどのような要求・嗜好を示してくるか、どの分野で規制緩和が進むか、TPP交渉の行方はどうなるか・・・、考え始めたらキリがありませんが、このようなことを常に考えながら戦略を立て、かつ微調整を続けなければなりません。

皆さんの会社でも、試しに一度SWOT分析を実施してみてはいかがでしょうか?

何よりも、SWOT分析を実施すること自体が、経営者や管理者に対する最高の教育になるのですから。

*** *** *** *** *** ***

今日はここまで。 皆様、今後とも、宜しくお願い申し上げます。

【会社ホームページ】 http://www.e-business-iso.com/

この記事を書いたプロ

株式会社E-ビジネスコンサル [ホームページ]

ISOコンサルタント 新里亮吾

鹿児島県鹿児島市新照院町27-23-1F [地図]
TEL:099-248-7081

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社E-ビジネスコンサル 新里亮吾

利益追求に最適な快適ISOによる企業改革を目指す(1/3)

 ISO(国際標準化機構)という言葉をよく耳にしますが、この意味を本当に理解し活用できている企業はまだそれほど多くはないかもしれません。E-ビジネスコンサルの新里亮吾さんは、たくさんの種類があるISOの中から最適なISOを取得・活用し企業を...

新里亮吾プロに相談してみよう!

鹿児島読売テレビ マイベストプロ

様々なコンサル実績と知識による組織作りの専門家である強み

会社名 : 株式会社E-ビジネスコンサル
住所 : 鹿児島県鹿児島市新照院町27-23-1F [地図]
TEL : 099-248-7081

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

099-248-7081

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新里亮吾(しんざとりょうご)

株式会社E-ビジネスコンサル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
新 OHSAS 18001 規格構成

株式会社 E-ビジネスコンサルの新里亮吾(しんざと・りょうご)と申します。主に、ISO関連のコンサルティ...

[ ISO全般 ]

リスクとは?

株式会社 E-ビジネスコンサルの新里亮吾(しんざと・りょうご)と申します。主に、ISO関連のコンサルティ...

[ ISO全般 ]

マニュアルがいらなくなる?

株式会社 E-ビジネスコンサルの新里亮吾(しんざと・りょうご)と申します。主に、ISO関連のコンサルティン...

[ ISO全般 ]

超速報! ISO 9001改定原案(2015年度版)発行!

株式会社 E-ビジネスコンサルの新里亮吾(しんざと・りょうご)と申します。主に、ISO関連のコンサルティン...

[ ISO全般 ]

ダメなISOになっていませんか? 05.~07.

株式会社 E-ビジネスコンサルの新里亮吾(しんざと・りょうご)と申します。主に、ISO関連のコンサルティング、...

[ ISO全般 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ