コラム

 公開日: 2014-04-15 

ダメなISOになっていませんか? 05.~07.

株式会社 E-ビジネスコンサルの新里亮吾(しんざと・りょうご)と申します。
主に、ISO関連のコンサルティング、管理者教育などを行っております。
【コンサルタントの思うこと】や【各種情報】をランダムに記載しております。

*** *** *** *** *** ***

■ ダメなISOになっていませんか? 05.~07.

前回のコラムの続きです。以下に示すのは、実際にある会社で発生した典型的な失敗事例です。もし、あなたの会社でこれと似たようなことが起こっていれば、組織として何らかの危険性があると言えます。ここに示す失敗は、ISOを運用している会社にはもちろんですが、運用していない会社にも当てはまる要素が含まれます。

ISO症候群 05.言いっぱなし
内部監査や社内パトロールで指摘はするが、フォローアップの時期がきても、忘れたまま放置している指摘事項が多数ある。監査員が監査当日だけ仕事をして、自分が告げた指摘事項に対して最後まで責任を持ってくれない。本当にこれは会社や顧客のためになる! どうしても職場環境のために改善が必要だ! というような強い信念を持って指摘や改善提案をしておらず、いつも目の前の現象(誰かが何かを忘れていた、というレベルの現象)ばかりを指摘してしまうので、責任を持ってフォローする気にならない。

ISO症候群 06.長期的に見るとかなり危険な人材育成
毎年「教育計画」は立案するが、作成しただけで、具体的な活動の進捗は誰もコントロールしていない。教育計画書は、作成者の机の引き出しにしまったままで、ほとんど誰も見ない。教育計画について真剣に考えておらず、実際の現場での教育も(いつまで経っても)『 ベテランを見て学べ 』式で、その場その場の思いつき教育しかなされていない。企業を存続させるには10年スパンの未来予想が必要である。10年後の会社に必要なのは間違いなく“ヒト(人材)”である。目先の1年なら問題ないだろうが、組織として戦略的な力量向上を計画できていない会社は、要注意である。
少なくとも自分の会社の強み(伸ばす、儲けるポイント)、弱み(克服すべき課題)、外部環境の機会(近未来のチャンス)とリスク(自分達ではどうにもし難い世の中の流れ:自社へのマイナス影響)などを分析した上で、教育計画を立案することが常識です。例えば、高齢化が心配なら若手登用が必要となりますし、営業力が自慢ならそれをより強化して地域独占状態を作るための教育が必要となります。かたちだけの教育(人材育成)では、意味がありません。

ISO症候群 07.何のための運用かは理解せず、文句だけが多い
①利益を増やすこと、②リスクを減らすこと、どちらに対してもマネジメントシステムを役に立てようという意識がないまま、ただ単にISO文書を作って運用しているだけである。いつの間にか、審査のためにシステムを運用してしまっている。結果的に(PDCAサイクルを回して)改善することを放棄してしまい、挙句の果てに『上手くいかないのはISOのせいだ』と言い訳する。実はISOの仕組みを回していない(使っていない)だけにも係わらず・・・。マニュアル上はISOのルールがしっかり設定されていて、文句があるなら自ら改善(あるいはその提案)をすれば良いだけなのに、結局自ら責任を持って行動することは避ける風潮が会社に蔓延していて、誰も積極的に動かない。会議になると言うことだけは言うが、いざ実行するとなると実は、ちゃんと勉強して、ちゃんと話し合って、ちゃんとした仕組みを作ろう、という意欲に欠ける人が過半数である。

いかがですか? 皆さんの会社で“思い当たるフシ”はありませんでしたか?

ISOは、ほぼ“自己管理”です。自己管理は甘くなるのが必然です。自らを律する気持ちがなければ失敗するのです。当社は『 ただISOを維持するだけでは満足できない皆様へ 』をスローガンに、サービスを徹底しております。上記のようなISO症候群から脱出するためにも、是非一度当社の、快適ISO継続管理サポート、快適ISO 教育研修、などをご活用下さい。様々なヒントをお伝えいたします。気軽に(何なりと)お問合せ下さい。

以上

*** *** *** *** *** ***

今日はここまで。 皆様、今後とも、宜しくお願い申し上げます。

【会社ホームページ】 http://www.e-business-iso.com/

この記事を書いたプロ

株式会社E-ビジネスコンサル [ホームページ]

ISOコンサルタント 新里亮吾

鹿児島県鹿児島市新照院町27-23-1F [地図]
TEL:099-248-7081

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社E-ビジネスコンサル 新里亮吾

利益追求に最適な快適ISOによる企業改革を目指す(1/3)

 ISO(国際標準化機構)という言葉をよく耳にしますが、この意味を本当に理解し活用できている企業はまだそれほど多くはないかもしれません。E-ビジネスコンサルの新里亮吾さんは、たくさんの種類があるISOの中から最適なISOを取得・活用し企業を...

新里亮吾プロに相談してみよう!

鹿児島読売テレビ マイベストプロ

様々なコンサル実績と知識による組織作りの専門家である強み

会社名 : 株式会社E-ビジネスコンサル
住所 : 鹿児島県鹿児島市新照院町27-23-1F [地図]
TEL : 099-248-7081

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

099-248-7081

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新里亮吾(しんざとりょうご)

株式会社E-ビジネスコンサル

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
新 OHSAS 18001 規格構成

株式会社 E-ビジネスコンサルの新里亮吾(しんざと・りょうご)と申します。主に、ISO関連のコンサルティ...

[ ISO全般 ]

リスクとは?

株式会社 E-ビジネスコンサルの新里亮吾(しんざと・りょうご)と申します。主に、ISO関連のコンサルティ...

[ ISO全般 ]

マニュアルがいらなくなる?

株式会社 E-ビジネスコンサルの新里亮吾(しんざと・りょうご)と申します。主に、ISO関連のコンサルティン...

[ ISO全般 ]

超速報! ISO 9001改定原案(2015年度版)発行!

株式会社 E-ビジネスコンサルの新里亮吾(しんざと・りょうご)と申します。主に、ISO関連のコンサルティン...

[ ISO全般 ]

ダメなISOになっていませんか? 01.~04.

株式会社 E-ビジネスコンサルの新里亮吾(しんざと・りょうご)と申します。主に、ISO関連のコンサルティング、...

[ ISO全般 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ