田中巽

たなかたつみ

医療法人ハヤの会 田中矯正歯科

[ 鹿児島市 ]

職種

コラム

 公開日: 2015-08-05  最終更新日: 2015-08-07

不正咬合の原因

不正咬合の原因は大きく先天的なものと、後天的なものに分けられます。

遺伝

 先天的な原因として、遺伝が挙げられます。
例えば、親が受け口であれば、子どもが受け口になりがちだということは言えるでしょう。また、生まれつき歯の数が足りない先天性欠如や歯の奇形にも遺伝の影響が考えられています。

後天的な原因としては、環境、習癖、虫歯や歯周病が挙げられます。

環境

 戦後、日本の食事は大きく変わりました。ハンバーグやポテトサラダ、オムレツなど噛まなくてよい食事(軟食)が増えた結果、噛む回数が減り、顎骨の成長を促すような奥歯ですり潰すような噛み方ではなく、数回歯を上下するような噛み方で済ませることが多くなってきました。そのため、近年子供たちのあごが十分に発育せず、小さくなってきています。
 その結果、歯が十分に並ぶスペースが確保出来ず、叢生(でこぼこの歯並び)等の不正咬合を引き起こします。
歯ごたえのある食べ物を選択し、奥歯を横に動かして咀嚼し、噛む回数を増やすことで顎骨の発達を促すことが望まれます。

習癖

 習癖(習慣となっている癖)によって不正咬合が引き起こされる場合も多く見られます。
習癖の一つとしては口呼吸が挙げられます。いつも口を開けていると、歯を唇で押さえる力が弱くなって舌の位置が変わったり、口周りの筋肉のバランスが崩れて、受け口や出っ歯、叢生の原因になることがあります。
その他、指しゃぶりを続けていると、指の力で歯を動かしてしまい、開咬や出っ歯の原因になります。前歯で下唇を噛む癖も同様です。
 指しゃぶりなどの「口への刺激」は、乳児の口の機能発達に欠かせない行為です。口への感覚刺激を重ねることで、徐々に哺乳反射が消えて行き、離乳食を食べ始める準備が進みます。
とはいえ、上記のような不正咬合を引き起こす可能性があるのも事実ですので、乳歯が生えそろう4歳くらいまでを目安に徐々にやめるようにしてみましょう。
あと、頬づえをつく習慣を続けていると、下あごを歪める可能性がありますので、控えたほうが良いでしょう。

虫歯、歯周病

 虫歯や歯周病によって永久歯や乳歯を失ってしまうと、両隣の歯が空いたスペースに移動してきたり傾斜してきたりします。その結果、不正咬合を招いてしまいます。
 特に乳歯の虫歯を放置してしまうと永久歯が正しい位置に生えてこれずに、斜めに生えたり、ずれて生えたりしてしまう可能性があります。乳歯のうちから歯磨きをする習慣をつけ、虫歯の予防、早期治療に努めましょう。


当院では矯正治療の無料相談を行っています。「マイベストプロを見た」とお伝えください。
ご予約はお電話、またはホームページからお願いします。

医院名 : 医療法人ハヤの会 田中矯正歯科
住所 : 鹿児島県鹿児島市中央町20-2 ステーションビル4F 
TEL : 099-257-9052
http://hayanokai.com

この記事を書いたプロ

医療法人ハヤの会 田中矯正歯科 [ホームページ]

歯科医 田中巽

鹿児島県鹿児島市中央町20-2 ステーションビル4F [地図]
TEL:099-257-9052

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
医療法人ハヤの会田中矯正歯科 院長 田中巽さん

歯並びを治すことで子供たちの未来と健康を提案する(1/3)

 鹿児島中央駅すぐ横、昔ながらの面影残る一番街入り口にあるビルの上に田中矯正歯科のひときわ大きな看板を目にします。田中矯正歯科の院長である田中巽さんは、この地で開業して30年以上になります。 田中さんはお母様の父が歯科医師、そして4人兄...

田中巽プロに相談してみよう!

鹿児島読売テレビ マイベストプロ

豊富な経験と技術で理想的な歯並びへの改善を提供できる強み

医院名 : 医療法人ハヤの会 田中矯正歯科
住所 : 鹿児島県鹿児島市中央町20-2 ステーションビル4F [地図]
TEL : 099-257-9052

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

099-257-9052

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田中巽(たなかたつみ)

医療法人ハヤの会 田中矯正歯科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
大人の矯正治療について

大人の方は、矯正装置が見えるのが気になるという理由で、その一歩を踏み出せないでいませんか。最近は歯の裏側...

[ 矯正歯科 ]

子供の歯並び治療について

歯並びが悪くなる原因であるあごの大きさや位置を改善するには、4歳頃から治療を始めることが望ましく、成長発育...

[ 矯正歯科 ]

子供の成長を妨げる口呼吸

先日のNHKのテレビ番組で口呼吸の事が放映されました。口呼吸は、1)子供の成長を妨げる2)睡眠時無呼吸症...

[ 矯正歯科 ]

歯の生え替わり時期には歯並びのチェックを!

歯の生え替わる7~9歳の時期は、顎や頭全体の発育にとって重要な時期でもあり、成長のコントロールが可能な時...

[ 矯正歯科 ]

歯と歯並びの役割

人の歯は親知らずを除いて、上下28本の永久歯があります。歯は何のためにあるか歯の役割はどんなものがあるか...

[ 矯正歯科 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ