コラム一覧

1件~15件(390件)

過去の15件

中小企業、繁栄の変遷―様々な格差について考える―

イメージ

[見出し:町の商売、その変遷]私の父が、税理士として事務所の業績を最も伸ばしたのは、昭和40年第50年代とその前後を含む約30年間ということになります。当時、どんどん発展し続ける商売人の旦那衆から多くの会社設立いわゆる「法人成り」を請け負ったのではないかと推察されるのです... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-11-25

かつての中小企業経営を振り返る―様々な格差について考えるー

中小企業経営、旦那衆の時代その頃、商売をする「旦那衆」とそこに勤める「使用人」との間には大きな格差がありました。現在のように、その身分をある程度制度で保証された「従業員」或いは「社員」という感覚ではありません。もっとその地位が曖昧な「使用人」という立場だったのです。... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-11-24

中小企業のこれから―様々な格差について考えるー

イメージ

 昔、地方の中小企業は元気だった こんな話を聞いたことがあります。「今、格差社会と言われるが、昔はそんなものじゃなかった。例えば、戦前旧財閥系企業(三井三菱などか?)に勤めるビジネスマンの年収は数千万円単位(確か平均で5千万円くらい?)であり、現在の比ではなかった。」と、... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-11-23

ビジネスにおいても見た目の印象は大事―流行とシルエットを考える―

イメージ

男性のファッションは女性のそれに比べて、アイテム数はあまり多くないし流行のサイクルもそれほど頻繁ではないといわれています。それはおそらく、男の方が、状況に応じて決まった服、スーツやワイシャツにネクタイ、現場における制服といったいわゆる「制限された服」が多い、ということがある... 続きを読む

ファッションについて考える

2017-11-22

税理士の仕事をアピールする―我々は世間からどう見えているのか?―

イメージ

以前、私がラジオのレギュラー番組で3年くらいお付き合いしているパーソナリティーの女性も、先日私の「私達税理士の仕事もいろいろとバリエーションがあって、それに対応する税理士のタイプも幅広くなってます。」といった発言に「え、そうなんですか?」と驚いていました。狭い... 続きを読む

専門性を考える

2017-11-21

税理士の仕事の広がりを考える―我々は世間からどう見えているのか?―

イメージ

確定申告ひとつをとっても、税理士が独占していた仕事について、他の筋からのルートや選択肢もかなり増えてきているということになります。とはいえ、まあ今回言いたいのは、別に私がそのことを嘆いている訳ではない、ということなのです。日本が労働人口の減少から人口そのものの減少に転じ、... 続きを読む

専門性を考える

2017-11-20

税理士のイメージを考える―我々は世間からどう見えているのか?―

イメージ

 税理士を取り巻くワンパターンのイメージ 私は「南九州税理士会」の広報部門を長く担当してきました。今、広報としての肩書は特にないが、鹿児島県の広報としては、ラジオやテレビの出演はずっと続けています。そういった関係で、マスメディアの担当者とお話をする機会も多いのです。... 続きを読む

専門性を考える

2017-11-19

マーケティングは素人目線で―映画「スティーブ・ジョブズ」に学ぶ―

イメージ

・先見性とプレゼンテーション能力 素人目線のマーケティング ところで、マーケティングの観点から言えば、スティーブ・ジョブズはいわば進みすぎていた天才であり、消費者のニーズをコツコツと汲み上げるマーケティングなどとは一見無縁のようにも見えます。自らの頭の中のオリジナリテ... 続きを読む

経営について考える

2017-11-18

経営は組織の編成―映画「スティーブ・ジョブズ」に学ぶ―

イメージ

・ブレーンの大切さスティーブ・ジョブズの経営を見ていて、まず、参考にしたいのはスタッフ或いはブレーンの存在です。デザイン、プログラム、組み立てなど個々の作業においては、彼より優れた技量をもつプロフェッショナル達が彼を支えていました。これらの専門家たちを、彼は独自のリー... 続きを読む

経営について考える

2017-11-17

先見性は創造性に繋がる―映画「スティーブ・ジョブズ」に学ぶ―

イメージ

スティーブ・ジョブ・・・その天才たる所以(ゆえん)2013年制作の映画「スティーブ・ジョブズ」を観たことのない方は、是非ご覧になることをお勧めします。この映画はアップルコンピュータの創成期やその後のPCの発展の流れなど、興味深い内容満載ではありますが、経営者としての観点... 続きを読む

経営について考える

2017-11-16

我々税理士はどうなのか?―業界のあり方について考える―

イメージ

新しいジャンルの仕事に対して、税理士の一般的な特徴として、こう考えます。「守備範囲を広げればそれだけ仕事はきつくなる。新しいサービスを考えるのもしんどい。今まで通りのサービス内容で何とかいけないものか。」・・・つまり、制度に守られてきた自らの業務の範囲に関して極めて保守的... 続きを読む

業界について考える

2017-11-15

世の中の業界のあり方について根本から考える―我々税理士の世界はどうなのだろうか?―Ⅷ

イメージ

それではなぜ、私の事務所では、本来別料金として請求すべきであろう特別サービスを標準サービスの中にあえて含めてしまったのでしょうか? それは前述しました、会計人業界と顧客とのまことに不幸な「すくんだ状態」を、こちら側からぶち破っていきたかったからにほかなりません。「経理な... 続きを読む

業界について考える

2017-11-14

世の中の業界のあり方について根本から考える―我々税理士の世界はどうなのだろうか?―Ⅶ

イメージ

私は、まずこちら側からこの状況をぶち破ろうと考えました。そう考えて、私の事務所で提供しているサービスの内容を棚卸してみたのです。その棚卸しした項目を、次々と列挙して箇条書きにしてみただけでも、実に様々な内容のサービスを提供していることが判明したのです。その中身といえば... 続きを読む

業界について考える

2017-11-13

世の中の業界のあり方について根本から考える―我々税理士の世界はどうなのだろうか?―Ⅵ

イメージ

私は、この税理士側が考える「コストをできるだけ削減し、効率よく仕事をこなして可能な限り少ないチャンスの中から利ザヤを確保したい。」という理屈が、何故割り切れないのか、何故しっくりこないのか、をずっと考えていたのです。そして、今回ハッと思いついたことがあります。それは... 続きを読む

業界について考える

2017-11-12

世の中の業界のあり方について根本から考える―我々税理士の世界はどうなのだろうか?―Ⅴ

イメージ

とはいえ、カバーするエリアが広くなって、こちら側の負担がどんなに大きくても、基本的にビジネスとして成り立つとなれば応ぜざるを得ません。というのは、お問い合わせをいただく中の多くのケースが、うちのサービスの内容に対して、支持をいただきご指名されるケースが多いからです。なんと... 続きを読む

業界について考える

2017-11-11

1件~15件(390件)

過去の15件

RSS
財務診断
イメージ

たくさんの勘定科目と数字が並んだ決算書。1年間の業績がこの数枚の書類に記されています。「売り上げが減った」、「経費が増えた」、「利益が減った」・・・こ...

経営サポート
イメージ

当事務所は適切な会計処理・税務申告だけには留まりません。経営に関するあらゆるサポートを実施しています。■ 社長と共にマンツーマンでこれからの経営を考える...

 
このプロの紹介記事
海江田経営会計事務所 所長 海江田博士さん

地域と中小企業の活性化のための包括的な支援を行う税理士として(1/3)

 海江田経営会計事務所は、会社経営者の多角的支援をモットーとしている志布志地域では規模の大きな事務所です。代表である海江田博士さんは、税理士であるお父様の跡を継いだ二代目。鹿児島市をはじめ福岡や奄美大島などエリアを超えた会計事務所として精力...

海江田博士プロに相談してみよう!

鹿児島読売テレビ マイベストプロ

税務に留まらず多角的に支援することで経営の発展を目指す強み

事務所名 : 海江田経営会計事務所 
住所 : 鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL : 099-472-0620

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

099-472-0620

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

海江田博士(かいえだひろし)

海江田経営会計事務所 

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
常識破りの功罪Ⅳ(おしまい)

残念ながら私はその委員会には馴染めなかったのですだが、別に愚痴や批判を書きたいわけではないので、そこのとこ...

[ 中小企業経営を考える ]

スタイリスト、「服育」の勧めⅡ

面白かったのは、その逆のサンプルとして、イタリアの男のこんなエピソードを語っておられた。ヨーロッパで仕事を...

[ マーケティング ]

マーケティング 経営改革の第一歩
イメージ

現代はマーケティングの時代と呼ばれています。作り手の都合が優先されていた時代から、消費者が主導権を取る時...

[ マーケティング ]

地方商店街 衰退の原因
イメージ

 原因はマーケティングの欠如! 地方商店街が衰退した原因はなにか?と質問されたら、その答えは「マーケテ...

[ マーケティング ]

中小企業、繁栄の変遷―様々な格差について考える―
イメージ

[見出し:町の商売、その変遷]私の父が、税理士として事務所の業績を最も伸ばしたのは、昭和40年第50年代...

[ 中小企業経営を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ