コラム

 公開日: 2016-10-07 

スタイリスト、「服育」の勧めⅡ

面白かったのは、その逆のサンプルとして、イタリアの男のこんなエピソードを語っておられた。ヨーロッパで仕事をされていた時、仕事の打ち合わせに何十分も遅れて来た男性に怒る政近さんに、相手の男はケロッとして
「おお、準子(政近さんのお名前)僕はこんな些細なことで怒る君の険しい顔は見たくないよ。そんな顔をして僕をガッカリさせないでくれ。」
と、こんなことを言うのだそうである。
「私はあんたとデートしている訳じゃない。仕事の話をしているんでしょ!」と、彼女は怒り心頭らしいのだが、そのときの相手の表情やファッションが結構カッコよかったりなので妙に憎めないらしいのだ。
まあ、外国の男のこんなエエカゲンさは真似することはないのだろうが、中身と外からの見栄えが一致することに異論のある男性はいないだろう。
とはいえ、何事にも基本はある。この日はドレスコードの基本、男性ファッションの大事なポイント、など熱く語られた。
また、TPO、T:タイム、P:プレイス、O:オケージョン、つまり、時と場所と目的をわきまえた服装をしなさい、と学習した覚えがあるが、これに政近さんは、P:パーソン、S:ソーシャルの二つを加えて、TPPOSと、現代的にアレンジなさっていたのだ。
さらに大事な話をされていたのは「服育」についてであった。
我々は「衣食住」を生活の基本としている。「食」が乱れると様々な弊害が出てくるということで、今「食育」という言葉が盛んに使われるようになった。「食育」は、特に子供にとって、成長過程の大切な要素として注目されている。
政近さんはそれと同じように人間には「服育」が大切であるといわれる。彼女のような専門家になると、子供の服装の乱れや様子を見ることで、家庭環境、いじめの有無などその子の置かれている状況まで読めるそうである。
「服育」という言葉は初めて聞いたが、その論旨には説得力があった。今までファッションには無頓着であった日本の男性には、大人になってからでも「服育」は必要ということなのであろう。

この記事を書いたプロ

海江田経営会計事務所  [ホームページ]

税理士 海江田博士

鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL:099-472-0620

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>

海江田博士プロに相談してみよう!

鹿児島読売テレビ マイベストプロ

税務に留まらず多角的に支援することで経営の発展を目指す強み

事務所名 : 海江田経営会計事務所 
住所 : 鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL : 099-472-0620

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

099-472-0620

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

海江田博士(かいえだひろし)

海江田経営会計事務所 

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
常識破りの功罪Ⅳ(おしまい)

残念ながら私はその委員会には馴染めなかったのですだが、別に愚痴や批判を書きたいわけではないので、そこのとこ...

[ 中小企業経営を考える ]

マーケティング 経営改革の第一歩
イメージ

現代はマーケティングの時代と呼ばれています。作り手の都合が優先されていた時代から、消費者が主導権を取る時...

[ マーケティング ]

地方商店街 衰退の原因
イメージ

 原因はマーケティングの欠如! 地方商店街が衰退した原因はなにか?と質問されたら、その答えは「マーケテ...

[ マーケティング ]

私の仕事史「マイ チャレジング デイズ」―バブルを横目に、かくもエキサイティングな日々―16

説明が一通り終わると、Sさんは私たちに向かってこういいました。「御社にお願いしたいのは、東京に本社のある...

[ 人生を考える ]

私の仕事史「マイ チャレジング デイズ」―バブルを横目に、かくもエキサイティングな日々―15

「で、我々に依頼されたいというのは何でしょうか?」気を取り直して、やっと仕事の話に入ります。するとSさ...

[ 人生を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ