コラム

 公開日: 2016-10-10 

地域企業の儲け方 ― 地元で20余年、儲かるためにやるべきこと ―Ⅰ

東京から地元鹿児島に帰り、税理士として働き始めて20有余年、地方の衰退が叫ばれる中、経済面での専門家としてその状況をつぶさに見てきました。不振にあえぐ地元企業が、業績を伸ばしもっと儲かるための処方箋を考えてみたいと思います。
地方における業績不振の要因はたった2つです。それは、「商品力不足」か「販売力不足」そのどちらかなのです。或いはこの両方ということもあり得ます。

まず、「商品力」から考えてみましょう。
私の住む大隅地方は農畜産業が盛んです。農畜産物は、通常生産したすべてが捌けます。育てた牛や豚が売れないで手元にいつまでも残ることはありません。農産物にしてもそうです。
このように農畜産の際立った特徴の一つに「在庫が残らない」という点があげられます。このほかの商売から見れば、かなり有利な条件を持つ農畜産業の業績を左右する要因はたったの2点。それは「相場」と「商品力」です。
「相場」が高いとき、物は黙っていても捌けるどころか、少々難ありの商品でも高値で取引されます。どんどん出荷すればそれだけ儲けることができるのです。
逆に「相場」が低いときは悲惨です。場合によっては生産原価を割ることもあり得ます。動物相手の畜産の場合、赤字覚悟で泣く泣く市場に出荷することになります。
この「相場」という奴を超える打ち手はないか、という点を考えてみたいと思います。
「相場」に左右されない打ち手とは何か? それが「商品力」なのです。
「相場」が下がった時にもほとんど影響されずに高値で取引されるのが、付加価値が高く希少なために、市場で引っ張りだこになっている商品です。
農産物でいえば、夕張メロンや山形のサクランボ、宮崎のマンゴーなどでしょうか。畜産物では松坂牛、鹿児島黒豚、名古屋コーチンなどが思い浮かびます。
これらは地域を代表するブランド品であり、日本はおろか海外でも高値で取引されています。ここまで上り詰めれば「相場」に左右されることはありません。
商品が「高い商品力」として市場に評価されるためには、これまで述べてきたように「他にはない付加価値」が必要です。まずは、平均的な品質を絶対に下回らないこと。平均の品質に達していなければ、そもそも普通に評価されることすらあり得ません。
「商品力」において大事な点は、事業者が常に「商品開発力」や「商品開拓力」を意識し続ける、ということです。市場における他の商品やこれまで作ってきたものよりもより良い商品。これを常に心がけるか否かで結果は大きく違ってきます。ただ漫然とそれまで通り作っていたのでは成長は覚束ないのです。

この記事を書いたプロ

海江田経営会計事務所  [ホームページ]

税理士 海江田博士

鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL:099-472-0620

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
海江田経営会計事務所 所長 海江田博士さん

地域と中小企業の活性化のための包括的な支援を行う税理士として(1/3)

 海江田経営会計事務所は、会社経営者の多角的支援をモットーとしている志布志地域では規模の大きな事務所です。代表である海江田博士さんは、税理士であるお父様の跡を継いだ二代目。鹿児島市をはじめ福岡や奄美大島などエリアを超えた会計事務所として精力...

海江田博士プロに相談してみよう!

鹿児島読売テレビ マイベストプロ

税務に留まらず多角的に支援することで経営の発展を目指す強み

事務所名 : 海江田経営会計事務所 
住所 : 鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL : 099-472-0620

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

099-472-0620

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

海江田博士(かいえだひろし)

海江田経営会計事務所 

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
常識破りの功罪Ⅳ(おしまい)

残念ながら私はその委員会には馴染めなかったのですだが、別に愚痴や批判を書きたいわけではないので、そこのとこ...

[ 中小企業経営を考える ]

スタイリスト、「服育」の勧めⅡ

面白かったのは、その逆のサンプルとして、イタリアの男のこんなエピソードを語っておられた。ヨーロッパで仕事を...

[ マーケティング ]

マーケティング 経営改革の第一歩
イメージ

現代はマーケティングの時代と呼ばれています。作り手の都合が優先されていた時代から、消費者が主導権を取る時...

[ マーケティング ]

地方商店街 衰退の原因
イメージ

 原因はマーケティングの欠如! 地方商店街が衰退した原因はなにか?と質問されたら、その答えは「マーケテ...

[ マーケティング ]

「判断基準」について改めて考えるⅣ

さて、今回のメインテーマは、その確固たる高いレベルの「正悪」「正誤」の判断基準とは何か?ではありません。...

[ 人生を考える ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ