コラム

 公開日: 2017-04-14  最終更新日: 2017-04-15

○○離れ(ばなれ)について考えてみる―欲しがらない若者たち・・・大丈夫か?―Ⅰ

先日テレビ番組で若者の「○○離れ」について、かなりの時間を割いて触れていました。
車離れ、ブランド品離れ、旅行離れ、酒離れ、テレビ離れ、電話(固定)離れ、墓離れ、etc

例えば「車離れ」。
我々世代(先日65歳になりました。)にとって、車はかなり重要なアイテムでした。

何もかっこいい高級車だけ、という訳ではなく、メカであったり、デザインであったり、ブランドの歴史であったり、レースの実績であったり。
車そのものもさることながら、その車の背景や歴史などに、特に我々男どもはそれぞれの思い入れを投影させたものです。

それに何と言っても「足」として欲しい!というのはありました。
スキーに行くにも湘南に行くにも車がなければ始まらない、という雰囲気はあったのです。

私は独身の頃よりは、むしろ結婚して家族を持ってからのほうが車を駆使しました。
かみさんを助手席に、子供たちを後ろに乗せ、トランクに遊び道具を放り込んで西へ東へと遊びまくったものです。
東京に住んでいた頃、我が家では、実に中古車を3台乗り潰したのであります。


今の若い子は、男の子を含めて車に対する思い入れはあまりないらしいのです。
車を所有することの煩わしさよりも、他のことにエネルギーを振り向けたいようなのです。

ま、考えてみれば、昔からヨーロッパ映画など見ていると、結構ボコボコのオンボロ車が登場します。
成熟社会のヨーロッパでは車に対する特別な思い入れなど特にないことが分かります。
「足」として適当に使えればいいのでしょう。

日本でも今の若い子はレンタカーなどで必要な時に調達できればそれでいい、と割り切っているのかも知れません。
それだけ日本も成熟してきた、ということでしょうか。

「ブランド品離れ」にも「車離れ」と若干同じ文脈が感じられます。

無理して高いブランド品に手を出して、他とのコストバランスが悪くなるくらいだったら別に要らないな、といった感覚なのでしょうか。
いや、そんな風に理屈っぽくすら考えていないかもしれません。
初めからブランド品とか、特に興味ないし…という子も増えているのだろうと思います。


つづく

この記事を書いたプロ

海江田経営会計事務所  [ホームページ]

税理士 海江田博士

鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL:099-472-0620

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
財務診断
イメージ

たくさんの勘定科目と数字が並んだ決算書。1年間の業績がこの数枚の書類に記されています。「売り上げが減った」、「経費が増えた」、「利益が減った」・・・こ...

経営サポート
イメージ

当事務所は適切な会計処理・税務申告だけには留まりません。経営に関するあらゆるサポートを実施しています。■ 社長と共にマンツーマンでこれからの経営を考える...

 
このプロの紹介記事
海江田経営会計事務所 所長 海江田博士さん

地域と中小企業の活性化のための包括的な支援を行う税理士として(1/3)

 海江田経営会計事務所は、会社経営者の多角的支援をモットーとしている志布志地域では規模の大きな事務所です。代表である海江田博士さんは、税理士であるお父様の跡を継いだ二代目。鹿児島市をはじめ福岡や奄美大島などエリアを超えた会計事務所として精力...

海江田博士プロに相談してみよう!

鹿児島読売テレビ マイベストプロ

税務に留まらず多角的に支援することで経営の発展を目指す強み

事務所名 : 海江田経営会計事務所 
住所 : 鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL : 099-472-0620

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

099-472-0620

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

海江田博士(かいえだひろし)

海江田経営会計事務所 

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
常識破りの功罪Ⅳ(おしまい)

残念ながら私はその委員会には馴染めなかったのですだが、別に愚痴や批判を書きたいわけではないので、そこのとこ...

[ 中小企業経営を考える ]

スタイリスト、「服育」の勧めⅡ

面白かったのは、その逆のサンプルとして、イタリアの男のこんなエピソードを語っておられた。ヨーロッパで仕事を...

[ マーケティング ]

マーケティング 経営改革の第一歩
イメージ

現代はマーケティングの時代と呼ばれています。作り手の都合が優先されていた時代から、消費者が主導権を取る時...

[ マーケティング ]

地方商店街 衰退の原因
イメージ

 原因はマーケティングの欠如! 地方商店街が衰退した原因はなにか?と質問されたら、その答えは「マーケテ...

[ マーケティング ]

言葉の裏っ側(うらっかわ)―わかっていても引っかかってしまう経営者の弱点―Ⅲ

それから、こういったことが繰り返し起きる際の大きな特徴の一つに、引っかかる社長さんは同じような手口に何回も...

[ 中小企業経営を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ