コラム

 公開日: 2017-04-15 

○○離れ(ばなれ)について考えてみる―欲しがらない若者たち・・・大丈夫か?―Ⅱ

思い出してみると、確かに昔はカッコ悪いサンプルも多々ありました。
極端なものとしては、フェラーリを手に入れたのはいいが、全収入をつぎ込んだのでお金を他に全くまわせなくなり、カップ麺すすりながらそのフェラーリに寝泊まりしている若い男性がテレビで取り上げられていたことを思い出します。

また、ブランド品に身を包んで、バッグなどもとっかえひっかえの若い女性。
しかし家に帰ると4畳半の1間暮らしで、押し入れからそのブランド品が雪崩を起こして崩れてくる…。
思わず笑ってしまいますが、こっちの方は結構普通にある風景だったような気がします。

こういったなんとも呆れるようなバランスの悪さに比べれば、「○○離れ」などと呼ばれている今の若い子たちの方がよっぽどまともだといえるでしょう。

テレビのインタビューでは彼らは少し怒っていました。
「『何とか離れ』とかよく言われるけど、私たちはもともと何かとくっついていたわけでも離れてたわけでもない。
初めっからそんなスタンスだったんだ。
だから、自分たちの(大人の)基準で『何とか離れ』とか言われたくない。」

なるほど、そりゃそうかな、と思います。
彼らにしてみれば無理して何かと「離れ」ている訳ではありません。
車が好きだろうが、ブランド品が好きだろうがそれはその人間の好みの問題であって、すべての人に当てはまるとは言えないわけです。


ただ、日本人の車に対する憧れや思い入れは、戦後を通じて結構長かったと思います。
また、ブランド品に対する羨望や欲求は、バブルの頃ものすごく強烈でした。
それだけに、きっと他者も同じような思い込みがあるはずだ、という言わばお目出度い価値基準が我々大人に強いのかも知れません。
そう考えれば今の若い子の方が、よりナチュラルなのでしょう。

しかし一方で、憧れや欲求は様々なエネルギーの源泉でもあります。
少し無理をする、背伸びをするというのは成長への第一歩であることは間違いないところです。
もっともそれが常に「車」や「ブランド品」だけ、では情けない訳ですが・・・・

今の若い子は、何に対して情熱を燃やすのでえしょうか?
それとも「情熱を燃やす」というコンセプト自体古臭いのかな?
情熱(パッション)を大事にしてきた大人としては「そんなことないよ」と言いたいのですが・・・・

ま、その辺はそんなに心配しなくても、彼らは彼らなりに苦労して模索しているようでもあります。
我々大人の役割は、それに対してちょっとのヒントをタイミングよく示してあげること、そして何よりもその邪魔をしないこと、だと思います。



おしまい

この記事を書いたプロ

海江田経営会計事務所  [ホームページ]

税理士 海江田博士

鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL:099-472-0620

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
財務診断
イメージ

たくさんの勘定科目と数字が並んだ決算書。1年間の業績がこの数枚の書類に記されています。「売り上げが減った」、「経費が増えた」、「利益が減った」・・・こ...

経営サポート
イメージ

当事務所は適切な会計処理・税務申告だけには留まりません。経営に関するあらゆるサポートを実施しています。■ 社長と共にマンツーマンでこれからの経営を考える...

 
このプロの紹介記事
海江田経営会計事務所 所長 海江田博士さん

地域と中小企業の活性化のための包括的な支援を行う税理士として(1/3)

 海江田経営会計事務所は、会社経営者の多角的支援をモットーとしている志布志地域では規模の大きな事務所です。代表である海江田博士さんは、税理士であるお父様の跡を継いだ二代目。鹿児島市をはじめ福岡や奄美大島などエリアを超えた会計事務所として精力...

海江田博士プロに相談してみよう!

鹿児島読売テレビ マイベストプロ

税務に留まらず多角的に支援することで経営の発展を目指す強み

事務所名 : 海江田経営会計事務所 
住所 : 鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL : 099-472-0620

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

099-472-0620

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

海江田博士(かいえだひろし)

海江田経営会計事務所 

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
常識破りの功罪Ⅳ(おしまい)

残念ながら私はその委員会には馴染めなかったのですだが、別に愚痴や批判を書きたいわけではないので、そこのとこ...

[ 中小企業経営を考える ]

スタイリスト、「服育」の勧めⅡ

面白かったのは、その逆のサンプルとして、イタリアの男のこんなエピソードを語っておられた。ヨーロッパで仕事を...

[ マーケティング ]

マーケティング 経営改革の第一歩
イメージ

現代はマーケティングの時代と呼ばれています。作り手の都合が優先されていた時代から、消費者が主導権を取る時...

[ マーケティング ]

地方商店街 衰退の原因
イメージ

 原因はマーケティングの欠如! 地方商店街が衰退した原因はなにか?と質問されたら、その答えは「マーケテ...

[ マーケティング ]

若者から見た「ズレ」への共感について―現代日本の様々な矛盾点を考えてみる―Ⅶ

古市氏のいう「おじさん」は、おそらく都会在住の彼の立場からすると、イメージとしては企業の役員や社員、官僚、...

[ 世代による考え方、行動の違いを考察する ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ