コラム

 公開日: 2017-05-15 

補助金ってなんだろう?―その本質と現実について考える―Ⅳ

その後も総務のスタッフがよく調べてくれますので、時々補助金、助成金の申請を出そうとするのですがなかなかピタッと来たためしがありません。
大抵はパンフレットなどにうたっている文句と、いざ具体的に申請に行った時の細かい規定にズレがあるのです。


あまりにいつもズレるので、業を煮やした総務の女性が、補助金窓口の担当者を問い詰めたことがあったそうです。

「きちんと申請しているのに、何故いつもパンフレット通りに手続きを進めてくれないのですか!」

すると、窓口担当は
「公けのパンフレットなどには表向きの大雑把な説明しか書いてありませんが、私たちはこのようなマニュアルにしたがって手続きを進めています。」
と、分厚いマニュアルの冊子を見せたというのです。

で、それに従って実務を進めると先ほどの話のように、当てにしていたものよりかなりしょぼい結果にしかならないのです。
つまり、彼らには彼ら用の裏マニュアルがあったのです。(彼らは、それはなかなか認めないでしょうが。)



これを聞いて「あーそうか!」とその正体に気がつきました。

「補助金や助成金というのは、たまたま進めていた事業に、後付けでピッタリと来るものなどほとんどないんだ。
そうではなくて、その補助金や助成金を狙って組み立てた事業にのみピッタリ合うのだ。」
と。
「組み立てた」と言うより、無理矢理こさえた、あてはめたと言った方が当たっているかも知れません。


お分かりになるでしょうか? 

事業は、特に民間の事業は大抵の場合、経営者自身の目的や目論見があって出発します。
しかしこういう経済情勢です。
ギリギリの資金状況で進めることも多い訳です。

そんなとき
「たまたま補助金や助成金のバックアップがあるとありがたい。あるんだったら是非利用させてもらいたい。」
と、考えるのが普通でしょう。

ところがその際、その制度が融通性や柔軟性に著しく乏しく、ガチガチで針の穴のような条件だったらとても使えません。

で、現実はどうかと言うと、実際に進めている事業に、後付けでピタッと来るような補助金や助成金はほとんどない、と言っても過言ではないのです。
使おうとすると、それこそ針の穴を通すように難しいのです。



つづく

この記事を書いたプロ

海江田経営会計事務所  [ホームページ]

税理士 海江田博士

鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL:099-472-0620

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
海江田経営会計事務所 所長 海江田博士さん

地域と中小企業の活性化のための包括的な支援を行う税理士として(1/3)

 海江田経営会計事務所は、会社経営者の多角的支援をモットーとしている志布志地域では規模の大きな事務所です。代表である海江田博士さんは、税理士であるお父様の跡を継いだ二代目。鹿児島市をはじめ福岡や奄美大島などエリアを超えた会計事務所として精力...

海江田博士プロに相談してみよう!

鹿児島読売テレビ マイベストプロ

税務に留まらず多角的に支援することで経営の発展を目指す強み

事務所名 : 海江田経営会計事務所 
住所 : 鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL : 099-472-0620

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

099-472-0620

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

海江田博士(かいえだひろし)

海江田経営会計事務所 

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
常識破りの功罪Ⅳ(おしまい)

残念ながら私はその委員会には馴染めなかったのですだが、別に愚痴や批判を書きたいわけではないので、そこのとこ...

[ 中小企業経営を考える ]

スタイリスト、「服育」の勧めⅡ

面白かったのは、その逆のサンプルとして、イタリアの男のこんなエピソードを語っておられた。ヨーロッパで仕事を...

[ マーケティング ]

マーケティング 経営改革の第一歩
イメージ

現代はマーケティングの時代と呼ばれています。作り手の都合が優先されていた時代から、消費者が主導権を取る時...

[ マーケティング ]

地方商店街 衰退の原因
イメージ

 原因はマーケティングの欠如! 地方商店街が衰退した原因はなにか?と質問されたら、その答えは「マーケテ...

[ マーケティング ]

顧客ニーズとウォンツについて―顕在化した需要と潜在的需要について考える―Ⅵ
イメージ

さて、そのパートナーとしての信頼を勝ち得ることができたとしても、最終的には具体的な方法論等を示して行かなけ...

[ マーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ