コラム

 公開日: 2017-11-15 

我々税理士はどうなのか?―業界のあり方について考える―

新しいジャンルの仕事に対して、税理士の一般的な特徴として、こう考えます。
「守備範囲を広げればそれだけ仕事はきつくなる。新しいサービスを考えるのもしんどい。今まで通りのサービス内容で何とかいけないものか。」・・・
つまり、制度に守られてきた自らの業務の範囲に関して極めて保守的なのです。
しかし、こんな根性の税理士に、シビアな企業経営者である顧客がイコールパートナーとしてのポジションを与えるはずがありません。
ということは、今の時代「安く使ってナンボ。」と計算されるのが関の山ではないでしょうか。

税理士がPCの導入などで省力化を図った場合、問題にすべきは「顧客に提供すべきサービス内容」の充実ということになります。
コストを下げ効率化を図る努力はそれなりに取り組むべきでしょうが、それはこちら側の事情であって、問題はその努力によって生まれた余力をどこに振り向けるかということです。
そこのところの熱い議論を、私はこれまであまり聞いたことがありません。

その省力化を実現したことによって生まれた余力を振り向けた先にあるコンテンツが、我々の業界はこれまであまりにもプアすぎたのです。
プアというより、本当はいろいろあったのにそれを見ようとしなかった、取り組もうとしなかったのです。
発見する能力に欠けていたといってもいいかも知れません。


私の最大の関心事はそのコンテンツの発見であり、その発見したコンテンツをもって顧客の問題を解決していくことになります。
そしてその問題解決によって顧客が成長発展していくことが最も興味深いところなのです。

私は常にそう考えてきましたし、部下にもそう考えるよう指示してきました。
幸いにしてそういった目線で顧客の問題を捉えてくる職員も少しずつではあるが出てきています。

顧客の問題解決に資する新しいコンテンツを発見し提供していきたい、といっても顧客の側にそのニーズがなければ何にもなりません。
様々なタイプの課題や問題について、普段から良好なコミュニケーションを取りつつ顧客から聞き出してくるのはそれぞれの担当者の役割なのです。

そういった日常の情報をもとにして、こちらか切れるカードとしてのコンテンツについては当面私が中心になって考えることにしています。
その際に、あまり業界寄りの情報や他の事務所の事例などは参考にしません。
あくまでも自分たちの事務所のオリジナリティーを第1に考えているのです。

しかしながら、とにもかくにも現場から様々な課題や問題を拾ってくるのは担当職員の役割になります。
私と職員たち、この良好で高度な連携がこれからも欠かせないのです。




職員との勉強風景

この記事を書いたプロ

海江田経営会計事務所  [ホームページ]

税理士 海江田博士

鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL:099-472-0620

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
財務診断
イメージ

たくさんの勘定科目と数字が並んだ決算書。1年間の業績がこの数枚の書類に記されています。「売り上げが減った」、「経費が増えた」、「利益が減った」・・・こ...

経営サポート
イメージ

当事務所は適切な会計処理・税務申告だけには留まりません。経営に関するあらゆるサポートを実施しています。■ 社長と共にマンツーマンでこれからの経営を考える...

 
このプロの紹介記事
海江田経営会計事務所 所長 海江田博士さん

地域と中小企業の活性化のための包括的な支援を行う税理士として(1/3)

 海江田経営会計事務所は、会社経営者の多角的支援をモットーとしている志布志地域では規模の大きな事務所です。代表である海江田博士さんは、税理士であるお父様の跡を継いだ二代目。鹿児島市をはじめ福岡や奄美大島などエリアを超えた会計事務所として精力...

海江田博士プロに相談してみよう!

鹿児島読売テレビ マイベストプロ

税務に留まらず多角的に支援することで経営の発展を目指す強み

事務所名 : 海江田経営会計事務所 
住所 : 鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL : 099-472-0620

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

099-472-0620

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

海江田博士(かいえだひろし)

海江田経営会計事務所 

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
常識破りの功罪Ⅳ(おしまい)

残念ながら私はその委員会には馴染めなかったのですだが、別に愚痴や批判を書きたいわけではないので、そこのとこ...

[ 中小企業経営を考える ]

スタイリスト、「服育」の勧めⅡ

面白かったのは、その逆のサンプルとして、イタリアの男のこんなエピソードを語っておられた。ヨーロッパで仕事を...

[ マーケティング ]

マーケティング 経営改革の第一歩
イメージ

現代はマーケティングの時代と呼ばれています。作り手の都合が優先されていた時代から、消費者が主導権を取る時...

[ マーケティング ]

地方商店街 衰退の原因
イメージ

 原因はマーケティングの欠如! 地方商店街が衰退した原因はなにか?と質問されたら、その答えは「マーケテ...

[ マーケティング ]

男子のディズニーランド―男の楽しみ、今と昔―
イメージ

[テーマパークで男子会?]以前のことですが、朝のワイドショー番組で、男だけのグループでディズニーランドに...

[ 世代による考え方、行動の違いを考察する ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ