コラム

 公開日: 2018-06-08 

地位や肩書なんて砂上の楼閣のようなもの―本当の意味で自信のある人とは―Ⅱ

[話しが難くてユーモアのない人には誰も用はない]

中国人元実業家の宋文洲氏の友人が言うところの
「元社長の名刺を持つ老人は、だいたいつまらない人で老人ホームでは人気がない」
というお話。

宗氏の文面はさらに次のように続きます。
― 老人ホームではもう昇進する必要もなければ金儲けをする必要もないので、大企業の元トップであろうが元外交官であろうが、話しが難くてユーモアのない人には誰も用はありません。
所属の組織を利用して「あなたは誰か」に答えてきた人たちは、一人になることが難しいのです。―

まあ、当たり前といえば当たり前のことが書かれているのですが、こういう典型的な現象が、老人ホームなどで実際に起こっているということが、ある意味もの悲しくもあります。

以前、税理士会の中で
「小さな支部を近隣の大きな支部と合併させて、会務の効率化を図ったらどうか」
という試みが提案されたことがありました。
試みといっても、小さな支部の支部長に1回ヒアリングを実施したに過ぎなかったのですが。

私は、当時その合併に際して吸収されてしまう方の小さな支部の支部長でした。
ヒアリングに際して意見を聞かれた私は
「どうぞ。どうぞ。効率化を図れるのならどんどん推進してください。」
と、述べたのです。

ところが、私の意見は少数派で、大半は合併に反対でした。
中には
「『支部長』という肩書は、田舎ではそれなりに効き目がある。この肩書を残して欲しいので支部を合併するのはやめてもらいたい。」
という人までいたのです。

「効き目って・・・いったい何言ってんだろう、この人は。」
と、私は少なからず驚きました。
しかし
「こんな小さな肩書でもしがみつきたい人はいるんだなあ・・・」
と、やや複雑な気分だったことを覚えています。

さて、私は「肩書」という切り口でいろいろ述べてきましたが、宗氏は「自信」ということについてさらに以下のように述べられています。

―「自信を持つ」ことはとても大切なことですが、偉い立場に慣れた人達は皆自信を持っていると思うかもしれませんが、私はこれは砂の上に立つ楼閣のようなものだと思うのです。
彼らは一個人としての生存力と野生を失い、組織に付着していないと生活さえできなくなります。
これでは果たして本当の自信を持てるでしょうか。―

普通、大企業のトップまで行った人であれば、自信満々の人物像を思い浮かべます。
しかし、それはまるで砂上の楼閣のようなもので、現実は違うようなのです。



西郷さんはどんな人だったのかなあ~

つづく

この記事を書いたプロ

海江田経営会計事務所  [ホームページ]

税理士 海江田博士

鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL:099-472-0620

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
財務診断
イメージ

たくさんの勘定科目と数字が並んだ決算書。1年間の業績がこの数枚の書類に記されています。「売り上げが減った」、「経費が増えた」、「利益が減った」・・・こ...

経営サポート
イメージ

当事務所は適切な会計処理・税務申告だけには留まりません。経営に関するあらゆるサポートを実施しています。■ 社長と共にマンツーマンでこれからの経営を考える...

 
このプロの紹介記事
海江田経営会計事務所 所長 海江田博士さん

地域と中小企業の活性化のための包括的な支援を行う税理士として(1/3)

 海江田経営会計事務所は、会社経営者の多角的支援をモットーとしている志布志地域では規模の大きな事務所です。代表である海江田博士さんは、税理士であるお父様の跡を継いだ二代目。鹿児島市をはじめ福岡や奄美大島などエリアを超えた会計事務所として精力...

海江田博士プロに相談してみよう!

鹿児島読売テレビ マイベストプロ

税務に留まらず多角的に支援することで経営の発展を目指す強み

事務所名 : 海江田経営会計事務所 
住所 : 鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL : 099-472-0620

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

099-472-0620

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

海江田博士(かいえだひろし)

海江田経営会計事務所 

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
常識破りの功罪Ⅳ(おしまい)

残念ながら私はその委員会には馴染めなかったのですだが、別に愚痴や批判を書きたいわけではないので、そこのとこ...

[ 中小企業経営を考える ]

スタイリスト、「服育」の勧めⅡ

面白かったのは、その逆のサンプルとして、イタリアの男のこんなエピソードを語っておられた。ヨーロッパで仕事を...

[ マーケティング ]

マーケティング 経営改革の第一歩
イメージ

現代はマーケティングの時代と呼ばれています。作り手の都合が優先されていた時代から、消費者が主導権を取る時...

[ マーケティング ]

地方商店街 衰退の原因
イメージ

 原因はマーケティングの欠如! 地方商店街が衰退した原因はなにか?と質問されたら、その答えは「マーケテ...

[ マーケティング ]

仕事は果たして趣味か?―人生、本当に必要なものは?―Ⅱ(おしまい)
イメージ

[身の回りのことがすべて自分でできるようになることが着地点]さて、特段趣味と言ったもののない私。いっ...

[ 自分を振り返る ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ