コラム一覧 :マーケティング

1件~15件(55件)

過去の15件

「100円のコーラを1000円で売る方法」を読んで―現代マーケティング理論と中小企業の現状―Ⅴ

イメージ

おそらくほとんどの中小企業において、マーケティングを充分に意識した事業計画の策定などといった試みは行なわれていないだろうと思います。特に今の時代、どちらかといえば経費の削減或いはリストラといった方向性を中心とした事業計画、或いは経営計画になっているのではないでしょうか。... 続きを読む

マーケティング

2017-06-19

「100円のコーラを1000円で売る方法」を読んで―現代マーケティング理論と中小企業の現状―Ⅳ

とりあえず中小企業の場合、「マーケティングとはこれこれこういうプロセスを踏んで考えていくものである。」ということを、まず心得てもらわなければならない、と思います。まずはそのレベルなのです。そういった学習を行なう場合には、この「100円のコーラを1000円で売る方法」... 続きを読む

マーケティング

2017-06-18

「100円のコーラを1000円で売る方法」を読んで―現代マーケティング理論と中小企業の現状―Ⅲ

長い間「プロダクトアウト」つまり「こっちが提供するものを黙って買っていればいいんだ。」という意識できた中小企業側には「マーケティング」という概念が希薄なのです。・・・というところから中小企業のマーケティングは始めなければならないのです。多くのマーケティング本は、大企業の... 続きを読む

マーケティング

2017-06-17

「100円のコーラを1000円で売る方法」を読んで―現代マーケティング理論と中小企業の現状―Ⅱ

イメージ

ただ、ここに書かれている内容は、取り上げられているサンプルの大手企業やそのライバル企業がすべて一定のマーケティング的な手順を踏んだ上での話なので、その前提がなければ成立しないことになります。その手順というのは、市場調査を行ない、商品企画をし、販売戦略をたて、販売促進計画を... 続きを読む

マーケティング

2017-06-16

「100円のコーラを1000円で売る方法」を読んで―現代マーケティング理論と中小企業の現状―Ⅰ

3,4年前に「100円のコーラを1000円で売る方法」という本がベストセラーになりました。続編を含めて今でも売れているようです。かなりのヒット本と言ってもいいでしょう。これは、ある企業の商品開発部に所属するメンバー達のやり取りを通じて、現代のマーケティング理論を分かり... 続きを読む

マーケティング

2017-06-15

顧客ニーズとウォンツについて―顕在化した需要と潜在的需要について考える―Ⅶ

こう考えてくると、表面的に見えている「顧客ニーズ」というのは結構曲者(くせもの)ではないか、と思えてきます。顧客は、いつでも案外短絡的にしか考えていないかも知れないのです。「安けりゃいい」「面倒じゃなければいい」「楽な方がいい」くらいにしか考えていないのではないかと、疑... 続きを読む

マーケティング

2017-05-28

顧客ニーズとウォンツについて―顕在化した需要と潜在的需要について考える―Ⅵ

イメージ

さて、そのパートナーとしての信頼を勝ち得ることができたとしても、最終的には具体的な方法論等を示して行かなければなりません。私は会社を成長発展させる具体的な方法論はないかと考えてみました。そこで私は、会社を成長発展させる方法論には2つあると考えています。その方法論の... 続きを読む

マーケティング

2017-05-27

顧客ニーズとウォンツについて―顕在化した需要と潜在的需要について考える―Ⅴ

イメージ

さて、そう信じている私にとって、事務所の提供するサービスが、価格を抑えたがために先述のようなプアな中身になってしまったのでは、経営者の「思い」を実現させてあげることなど到底できないのです。私は、それなりのレベルのサービスを提供し、何としても困難な現状を打開する経営にチャレ... 続きを読む

マーケティング

2017-05-26

顧客ニーズとウォンツについて―顕在化した需要と潜在的需要について考える―Ⅳ

ところが、成長発展したいといろいろやっても、今の経済状況ではそれがなかなかうまくいくはずもありません。昔のように循環型の景気変動ではないので、待っていても好景気が戻ってくるわけではないのです。これまで同族経営の中で、会社に突っ込んできていた社長の個人資産もそろそろ底が見... 続きを読む

マーケティング

2017-05-25

顧客ニーズとウォンツについて―顕在化した需要と潜在的需要について考える―Ⅲ

しかしながら、私はもともとそんな処理や入力といった『単なる作業』のような低次元のサービスのみを提供する気は全くありませんでした。だから、断固その方向へは行きませんでしたし、今もそう標榜し言ったとおりに実行しています。だがそうなりますと、一つ問題が残ります。「あなたは... 続きを読む

マーケティング

2017-05-24

顧客ニーズとウォンツについて―顕在化した需要と潜在的需要について考える―Ⅱ

今の「顧客ニーズ」をストレートに表現すると次のようなことになります。「一向に不況から抜け出せない現状、なかなか業績は上がらない。そんな中、経費の削減は大きな課題である。税理士の顧問料も同様で、できれば安くしてもらいたい。」といったところでしょうか。そこで、「ほら、... 続きを読む

マーケティング

2017-05-23

顧客ニーズとウォンツについて―顕在化した需要と潜在的需要について考える―Ⅰ

イメージ

私の事務所のHPを見ていただければお分かりのように、仕事として税務会計に関する分野だけではなく、他にも様々なタイプのサービスを提供していきたいと思っています。これまでの仕事を通じて、私は税務会計以外の分野にも「顧客ニーズ」があると確信しました。そこで経営支援的なコンサル... 続きを読む

マーケティング

2017-05-22

専門家にはマーケティングはいらないのか?―世の中によくある疑問(誤解?)に答える―Ⅶ

「我々が専門的に取り扱っている商材やサービスは、その専門領域がハッキリしているのだから、わざわざマーケティングといった小難しい理屈をこねくり回して伝える必要もないだろう。」というのが、これまでの商売における一般的な前提であり考え方だったのではないでしょうか。これが、専門... 続きを読む

マーケティング

2017-03-04

専門家にはマーケティングはいらないのか?―世の中によくある疑問(誤解?)に答える―Ⅵ

この事実ひとつを見ても「(税理士は)資格でやっている仕事なのだから、頼む方がこちらの仕事内容を理解していて当然だ。」という理屈は通らないし、親切ではない、ということがわかります。ということは、私たちはもっともっと自らの職域やその特徴について、それを伝える努力を怠らない... 続きを読む

マーケティング

2017-03-03

専門家にはマーケティングはいらないのか?―世の中によくある疑問(誤解?)に答える―Ⅴ

そのどちらかといえば「厄介だなー・・」と敬遠したくなるような存在の「税金」を専門にしているのが税理士という職業なのです。ということは、特に必要性がなければ積極的に接点を持ちたいとは思わない、というのが一般人の税理士に抱くイメージではないだろうか、と思っています。それに対... 続きを読む

マーケティング

2017-03-02

1件~15件(55件)

過去の15件

RSS
財務診断
イメージ

たくさんの勘定科目と数字が並んだ決算書。1年間の業績がこの数枚の書類に記されています。「売り上げが減った」、「経費が増えた」、「利益が減った」・・・こ...

経営サポート
イメージ

当事務所は適切な会計処理・税務申告だけには留まりません。経営に関するあらゆるサポートを実施しています。■ 社長と共にマンツーマンでこれからの経営を考える...

 
このプロの紹介記事
海江田経営会計事務所 所長 海江田博士さん

地域と中小企業の活性化のための包括的な支援を行う税理士として(1/3)

 海江田経営会計事務所は、会社経営者の多角的支援をモットーとしている志布志地域では規模の大きな事務所です。代表である海江田博士さんは、税理士であるお父様の跡を継いだ二代目。鹿児島市をはじめ福岡や奄美大島などエリアを超えた会計事務所として精力...

海江田博士プロに相談してみよう!

鹿児島読売テレビ マイベストプロ

税務に留まらず多角的に支援することで経営の発展を目指す強み

事務所名 : 海江田経営会計事務所 
住所 : 鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL : 099-472-0620

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

099-472-0620

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

海江田博士(かいえだひろし)

海江田経営会計事務所 

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
常識破りの功罪Ⅳ(おしまい)

残念ながら私はその委員会には馴染めなかったのですだが、別に愚痴や批判を書きたいわけではないので、そこのとこ...

[ 中小企業経営を考える ]

スタイリスト、「服育」の勧めⅡ

面白かったのは、その逆のサンプルとして、イタリアの男のこんなエピソードを語っておられた。ヨーロッパで仕事を...

[ マーケティング ]

マーケティング 経営改革の第一歩
イメージ

現代はマーケティングの時代と呼ばれています。作り手の都合が優先されていた時代から、消費者が主導権を取る時...

[ マーケティング ]

地方商店街 衰退の原因
イメージ

 原因はマーケティングの欠如! 地方商店街が衰退した原因はなにか?と質問されたら、その答えは「マーケテ...

[ マーケティング ]

アンケートに見る「社長の思い」―世の中の社長さんたちの本音は意外なところに・・・―Ⅱ

このアンケートの中で、私が一番興味を惹かれたのは「リーダーに求められる『資質』」という項目でした。・あ...

[ 経営について考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ