コラム一覧 :マーケティング

1件~15件(17件)

過去の15件

フィリップ・コトラーの名言でマーケティングを見直すⅤ(おしまい)

4、販売促進の抜本的な改革をすること。「製品が顧客の手に届くまでの全プロセス」の中でもとりわけ「販売促進」については「見直し」というレベルではなく「改革」しかも「抜本的な」改革をしなければなりません。これは一体どういうことでしょうか。景気後退期において顧客は、当然の... 続きを読む

マーケティング

2016-11-01

フィリップ・コトラーの名言でマーケティングを見直すⅣ

3、製品が顧客の手に届くまでの全プロセスを再点検すること。「全プロセスの再点検」となると結構ボリュームのある作業になります。では、何故このような作業を行わなければならないのでしょうか。それは「製品が顧客の手に届くまでの全プロセス」が、結局顧客と連動しているからです。... 続きを読む

マーケティング

2016-10-29

フィリップ・コトラーの名言でマーケティングを見直すⅢ

2、自社の製品やサービスを再点検すること。前項の「顧客がどう変わりつつあるのかを注視すること」の解説でも述べたことであるが、顧客の「選択」が変化していく以上、こちら側の提供する商材も変えていかざるを得ない。当然、景気後退期においては、それまでよりも廉価な商材を提供した... 続きを読む

マーケティング

2016-10-26

フィリップ・コトラーの名言でマーケティングを見直すⅡ

それでは、極めて基本的と思われるこの4項目を改めてひとつずつ検証してみようと思います。[景気後退期に企業が実行すべき4つのマーケティング基本動作]1.顧客がどう変わりつつあるのかを注視すること。景気の変動期には、当然のこととして顧客のマインドも変化します。景気後退期に... 続きを読む

マーケティング

2016-10-25

フィリップ・コトラーの名言でマーケティングを見直すⅠ

イメージ

先日読んだ経済誌に「フィリップ・コトラーの名言」ということで、下記の項目が紹介されていました。[景気後退期に企業が実行すべき4つのマーケティング基本動作]景気後退期に企業が実行すべきマーケティングの基本動作は4つあります。1.顧客がどう変わりつつあるのかを注視すること。2... 続きを読む

マーケティング

2016-10-24

エリアレスマーケティングについて考えるⅢ(おしまい)

また、ターゲットという点もよく考えなければなりません。今では少なくなったが、昔、節句用品や入学用品のCMに「お爺ちゃん、お婆ちゃんありがとう。」というのがありました。いうまでもなく、これらの準備は本来親の役割です。しかし、孫かわいさに祖父母の財布も緩むだろう、という心... 続きを読む

マーケティング

2016-10-23

エリアレスマーケティングについて考えるⅡ

考えてみれば、私たち夫婦も介護施設に入っていた祖母(私たちは孫とその嫁)のために介護用品専門店に特別仕様の室内履きを買いに行ったことがありました。狭窄症で歩行困難になった母のために、同じ店に歩行補助器を探しに行ったのも私達でした。こんな風に、介護が必要となったときには、... 続きを読む

マーケティング

2016-10-22

エリアレスマーケティングについて考えるⅠ

マーケティングは基本的にエリア(商圏)というものを意識します。自らの提供するビジネスの届く範囲が原則限られているからです。例えば私の仕事(税務顧問)の場合、北海道のクライアントを持つということは現実的には難しいでしょう。直接お会いしてコミュニケーションをとるのがかなり困... 続きを読む

マーケティング

2016-10-21

消費者ニーズとウォンツ関する考察―オーディオの変遷を参考に―Ⅲ

音楽産業は、ネット配信というテクノロジーを得て、もう一段大きな曲がり角を迎えました。音楽の流通のあり方がまるで変ってしまったのです。この音楽配信事業もマーケティングから発したものではありません。テクノロジー優先で、消費者の方が「ああ、これは便利だ!」と後ろからついてきた... 続きを読む

マーケティング

2016-10-20

消費者ニーズとウォンツ関する考察―オーディオの変遷を参考に―Ⅱ

しかし、これらオーディオの世界におけるこの大きな変化は、事前に明確な消費者ニーズ、「こんなものがあればいいのになあ。」と具体的に考えていた訳ではなかったのです。前述のように、当時はデカいLPレコードを当り前と思っていたし、その音質についても特に大きな不満があった訳ではありま... 続きを読む

マーケティング

2016-10-19

消費者ニーズとウォンツ関する考察―オーディオの変遷を参考に―Ⅰ

マーケティングが、目先の売上を意識するあまり消費者ニーズのみを追いかけていたら、おそらく世の中はつまらない商品だらけになってしまうでしょう。マーケティングというのは、潜在的なニーズ、まだ人々が意識すらしていない潜在的需要すなわち「ウォンツ」を見つけ出す必要があるのです。ここに... 続きを読む

マーケティング

2016-10-17

地域企業の儲け方 ― 地元で20余年、儲かるためにやるべきこと ―Ⅱ

次に「販売力不足」について考えてみたいと思います。「販売力」については、商工業者にその課題を抱えるケースが多く見られます。とはいえ、「販売力」即ち「営業力」を急に身につけるのは容易なことではありません。その前に「販売促進」に注力してはどうでしょうか。地方における商売の... 続きを読む

マーケティング

2016-10-12

地域企業の儲け方 ― 地元で20余年、儲かるためにやるべきこと ―Ⅰ

東京から地元鹿児島に帰り、税理士として働き始めて20有余年、地方の衰退が叫ばれる中、経済面での専門家としてその状況をつぶさに見てきました。不振にあえぐ地元企業が、業績を伸ばしもっと儲かるための処方箋を考えてみたいと思います。地方における業績不振の要因はたった2つです。それは... 続きを読む

マーケティング

2016-10-10

スタイリスト、「服育」の勧めⅡ

面白かったのは、その逆のサンプルとして、イタリアの男のこんなエピソードを語っておられた。ヨーロッパで仕事をされていた時、仕事の打ち合わせに何十分も遅れて来た男性に怒る政近さんに、相手の男はケロッとして「おお、準子(政近さんのお名前)僕はこんな些細なことで怒る君の険しい顔は見... 続きを読む

マーケティング

2016-10-07

スタイリスト、「服育」の勧めⅠ

スタイリストという職業がある。辞書を引くと― 俳優やモデルの髪形・衣服などについて助言・指導をする職業。また、その人。(大辞林より)― とある。我々のほぼ理解している通りだと思う。雑誌や広告、テレビなどの紙面や画面を飾るファッションの裏方としてなくてはならない存在だろう。... 続きを読む

マーケティング

2016-10-04

1件~15件(17件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
海江田経営会計事務所 所長 海江田博士さん

地域と中小企業の活性化のための包括的な支援を行う税理士として(1/3)

 海江田経営会計事務所は、会社経営者の多角的支援をモットーとしている志布志地域では規模の大きな事務所です。代表である海江田博士さんは、税理士であるお父様の跡を継いだ二代目。鹿児島市をはじめ福岡や奄美大島などエリアを超えた会計事務所として精力...

海江田博士プロに相談してみよう!

鹿児島読売テレビ マイベストプロ

税務に留まらず多角的に支援することで経営の発展を目指す強み

事務所名 : 海江田経営会計事務所 
住所 : 鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL : 099-472-0620

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

099-472-0620

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

海江田博士(かいえだひろし)

海江田経営会計事務所 

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
常識破りの功罪Ⅳ(おしまい)

残念ながら私はその委員会には馴染めなかったのですだが、別に愚痴や批判を書きたいわけではないので、そこのとこ...

[ 中小企業経営を考える ]

スタイリスト、「服育」の勧めⅡ

面白かったのは、その逆のサンプルとして、イタリアの男のこんなエピソードを語っておられた。ヨーロッパで仕事を...

[ マーケティング ]

マーケティング 経営改革の第一歩
イメージ

現代はマーケティングの時代と呼ばれています。作り手の都合が優先されていた時代から、消費者が主導権を取る時...

[ マーケティング ]

地方商店街 衰退の原因
イメージ

 原因はマーケティングの欠如! 地方商店街が衰退した原因はなにか?と質問されたら、その答えは「マーケテ...

[ マーケティング ]

「判断基準」について改めて考えるⅥ

情報のインプットというのはある程度誰もがやっていることと思います。我々の周りには情報のソースは溢れていま...

[ 人生を考える ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ