コラム一覧 :中小企業経営を考える

1件~15件(21件)

過去の15件

目線を変えよう―考えかたと視点を変えなければなにも変わらないよ―Ⅲ

今回のお話は、ある若い経営者に対するプチ切れからいろいろと書いてしまいました。とはいえ、彼にも頑張って欲しいという気持ちはほかの若手経営者への思いと変わりはないのです。ただ残念なことに、彼はこういう集まりに参加するのに名刺も持ってきていませんでした。私は彼を励ましたく... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-03-31

目線を変えよう―考えかたと視点を変えなければなにも変わらないよ―Ⅱ

まず、「どん底から這い上がった」的な話を講演とか勉強会に期待するのはやめた方がいい。私も別にその手の人生ドラマが嫌いなわけではありませんが、それは個人的に話を聞くなり、そういった本を読めばいいことです。「浪花節」が好きかどうかはあくまでも個人的な好みの問題です。昨今、... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-03-30

目線を変えよう―考えかたと視点を変えなければなにも変わらないよ―Ⅰ

先日、例によって若手の経営者を中心にマーケティングの勉強会を開催したときのことです。このときは、マーケティングによる成功事例を何点かあげてお話をしました。具体的に自分の事業に応用できるかイメージしてもらおうと思ったのです。持ち時間はあっという間に過ぎて、みんな熱心に聞... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-03-29

業績回復・・・基本の基―これだけはやってみようよ。会社が変わる!社長の決断と実践―Ⅵ(おしまい)

1、改善点を見つける。これまた当然のことですが、実行に移した人には目の前にすぐ壁が現れます。思っていたことと違う現実を大なり小なり突き付けられることとなります。ここで、めげてしまい、諦める人が多いのも事実です。「やっぱり駄目だった。こんなことじゃないかと思っていた。」... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-03-10

業績回復・・・基本の基―これだけはやってみようよ。会社が変わる!社長の決断と実践―Ⅴ

1、実行してみる。さて、いろいろ頭で考えても、実行しなければ結局何もしなかったのと同じことになります。しかしながら、この「実行」までたどり着く人の何と少ないことでしょう。そうです。世の中、実行しない人があまりにも多いのです。例えば、私よりはるかに若い経営者がまだ... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-03-09

業績回復・・・基本の基―これだけはやってみようよ。会社が変わる!社長の決断と実践―Ⅳ

1、予算を決める。事前の研究、準備が具体的に把握されてきたら、当然それに対して予算を考えなければなりません。無限に使える経費があれば別ですが、大抵の場合は限られた予算の中で工夫するのが普通です。予算の話になると、とかく「いくらにするか(額=量)」だけに神経が集中しが... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-03-08

業績回復・・・基本の基―これだけはやってみようよ。会社が変わる!社長の決断と実践―Ⅲ

業績回復、基本の基3番目と4番目。3、どうやったらできるかを考える。アイディアをだしたならば、当然それがどうやったら実現できるか考えます。全体的なグランドデザインを引くといってもいいかも知れません。大まかにどんな手順でどんなふうに進めれば実行可能かを考えるのです。... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-03-07

業績回復・・・基本の基―これだけはやってみようよ。会社が変わる!社長の決断と実践―Ⅱ

1、社長が自分で決めると決める。変な言い回しです。なぜこんな言葉(項目)をトップに持ってきたのでしょうか。それは自分で決めない社長が多すぎるからです。なんだか他人頼みだったり、これまでの延長でどうにかならないかと迷っていたり、誰かに決めてもらえないかとあてにしていたり... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-03-06

業績回復・・・基本の基―これだけはやってみようよ。会社が変わる!社長の決断と実践―Ⅰ

私のクライアントさんには、地元で長く事業を続けてこられた会社がたくさんあります。ところが、これまでのやり方を続けていても業績がパッとせず、低迷している企業が多くなっているのです。倒産にまで至るケースは少ないのですが、将来性が見いだせず廃業される企業が多くなっています。... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-03-05

若き経営者は時代に合った独自性(オリジナリティー)を持てるのか―良い子と悪い子に分かれる後継者―

しかしながら、私は断言したいのです。「悪いこと」に対する風向きはやがて確実に変わります。世間が「悪い子」に追いついてくるのです。そうなれば誰も文句を言わなくなります。それまでの我慢ですが、なかなかつらいことに違いはありません。後継者として、地方の中小企業を支えると... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-02-25

若き経営者は時代に合った独自性(オリジナリティー)を持てるのか―良い子と悪い子に分かれる後継者―

一方、少数派である「悪い子」はどうなのでしょうか。「悪い子」は「悪い子」で、現在も大変に苦労はしています。しかしながら、成功の可能性は昔より大きくなりつつある、と私は見ています。というのは、前述しましたうに、世の中「良い子」の方が圧倒的に多いために「悪い子」同士の競争... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-02-24

若き経営者は時代に合った独自性(オリジナリティー)を持てるのか―良い子と悪い子に分かれる後継者―

こういったことを2,3回繰り返すと、大抵の場合、後継者は諦めて「良い子」になってしまいます。実績のない後継者にとって、それでも先代に逆らいきる、というのは極めて困難なことなのです。結果として、自分の主張を通すことを放棄した「良い子」は先代のビジネスモデルを踏襲します。と... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-02-23

若き経営者は時代に合った独自性(オリジナリティー)を持てるのか―良い子と悪い子に分かれる後継者―

そして、私にとって意外だったのは、圧倒的に前者の「良い子」の方が多かった、ということです。もちろん、小さな軋轢やトラブルがない訳ではありませんが、みなさんおおむね親父さんの言うとおりにおとなしく仕事をやっているのです。私は父と何年間も事務所経営を巡って、なんだかんだとぶ... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-02-22

若き経営者は時代に合った独自性(オリジナリティー)を持てるのか―良い子と悪い子に分かれる後継者―

経営者が事業を引き継いでいく際の、世代間(主として親子)で起きる様々な問題については、これまでに随分しゃべったり書いたりしてもきました。この問題、世の中に事業というものが存在する限り避けられないものなのかも知れません。多くの経営者がこの問題に直面して頭を痛めていますし、企... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-02-21

2:6:2の原則―経営者にも当てはまる分類、あなたはどのポジションですか?―Ⅲ(おしまい)

さて、「2:6:2の原則」の中で一番多いのが次の経営者です。それは「昔からのやり方を変えたくはないが、他人が成功した安全な方法だったらマネしてもいい。本当は新しいことにチャレンジするのはよくわからないし、失敗したときが怖い。まあ、これまでの延長でなんとかやって行ければいい... 続きを読む

中小企業経営を考える

2016-12-31

1件~15件(21件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
海江田経営会計事務所 所長 海江田博士さん

地域と中小企業の活性化のための包括的な支援を行う税理士として(1/3)

 海江田経営会計事務所は、会社経営者の多角的支援をモットーとしている志布志地域では規模の大きな事務所です。代表である海江田博士さんは、税理士であるお父様の跡を継いだ二代目。鹿児島市をはじめ福岡や奄美大島などエリアを超えた会計事務所として精力...

海江田博士プロに相談してみよう!

鹿児島読売テレビ マイベストプロ

税務に留まらず多角的に支援することで経営の発展を目指す強み

事務所名 : 海江田経営会計事務所 
住所 : 鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL : 099-472-0620

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

099-472-0620

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

海江田博士(かいえだひろし)

海江田経営会計事務所 

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
常識破りの功罪Ⅳ(おしまい)

残念ながら私はその委員会には馴染めなかったのですだが、別に愚痴や批判を書きたいわけではないので、そこのとこ...

[ 中小企業経営を考える ]

スタイリスト、「服育」の勧めⅡ

面白かったのは、その逆のサンプルとして、イタリアの男のこんなエピソードを語っておられた。ヨーロッパで仕事を...

[ マーケティング ]

マーケティング 経営改革の第一歩
イメージ

現代はマーケティングの時代と呼ばれています。作り手の都合が優先されていた時代から、消費者が主導権を取る時...

[ マーケティング ]

地方商店街 衰退の原因
イメージ

 原因はマーケティングの欠如! 地方商店街が衰退した原因はなにか?と質問されたら、その答えは「マーケテ...

[ マーケティング ]

顧客ニーズとウォンツについて―顕在化した需要と潜在的需要について考える―Ⅵ
イメージ

さて、そのパートナーとしての信頼を勝ち得ることができたとしても、最終的には具体的な方法論等を示して行かなけ...

[ マーケティング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ