コラム一覧 :中小企業経営を考える

1件~15件(32件)

過去の15件

言葉の裏っ側(うらっかわ)―わかっていても引っかかってしまう経営者の弱点―Ⅳ

イメージ

もうひとつ、こういう他人の金をあてにする連中にははっきりとした特徴があります。それは、トラブッてからあとが結構厚かましい、ということです。「申し訳ない、申し訳ない。」と口では言いながらも何ら具体的な前向きの行動を起こそうとはしません。それどころか、そんなトラブルな... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-07-21

言葉の裏っ側(うらっかわ)―わかっていても引っかかってしまう経営者の弱点―Ⅲ

それから、こういったことが繰り返し起きる際の大きな特徴の一つに、引っかかる社長さんは同じような手口に何回も引っかかるということがあります。普通は、1回痛い目に逢えばそれで懲りると思うのですが、やはり同じような甘い言葉や巧みな誘いに2回、3回と引っかかったりするのです。も... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-07-20

言葉の裏っ側(うらっかわ)―わかっていても引っかかってしまう経営者の弱点―Ⅱ

しかしながら私は、無理な借金を申し込まれ、お金を貸した結果、この3つのセリフが実行されたところを見たことがありません。そもそもこのセリフは次のように読み替えることができるのです。・決して迷惑はかけません・・・たぶん迷惑をかけることになります。・間違いなく返します・・・... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-07-19

言葉の裏っ側(うらっかわ)―わかっていても引っかかってしまう経営者の弱点―Ⅰ

お客さんとお話しをしていて発見したことがあります。お客さんの中には、他人にお金を貸したり保証人になったりして迷惑を被っている社長さんも多いのです。その社長さんたちというのは、概ね人が良すぎたり面倒見が良すぎたり、中には少々気の弱い方、逆にいささか山っけの多い方などが多い... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-07-18

前向き経営と後向き経営―志(こころざし)の大きさが事業の将来を決める―Ⅱ

イメージ

事業規模は小さいのに前向きな新しい経営者、事業規模や歴史はあるのに後ろしか向こうとしないお客さん、この2極化が進んでいるように見えます。こういった意識の2極化は、我々にとって大きなチャンスでもありピンチでもあるのです。これから事業を仕掛けて行くお客さんは、税務会計だけで... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-07-06

前向き経営と後向き経営―志(こころざし)の大きさが事業の将来を決める―Ⅰ

近年、事務所を取り巻く環境にひとつの傾向が出てきました。実は、新規のお問い合わせが増えているのですが、いずれも規模の小さな事業所が多いのです。中には年商1千万円にも満たない事業もあります。この経済情勢の厳しい中、小さな事業所が何故わざわざコストのかかる会計事務所にアプ... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-07-05

義理人情の世界と現代経営―ウエットなしがらみをいかに断ち切るかは大きな課題―Ⅴ(おしまい)

イメージ

まあ、私のプライベートなことなどどうでもいいのです。繰り返しになりますが、仕事はあくまでもクールであるべきだ、と思います。できれば、他の若手経営者もそういうマインドであって欲しいのです。さて、そういう中で義理人情派から見たとき、仕事の中で最もクールに見える代表格が「... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-06-14

義理人情の世界と現代経営―ウエットなしがらみをいかに断ち切るかは大きな課題―Ⅳ

ところで、ここからが更に今回の本当の本質論になるのですが、私が言いたかったのは「会社のお財布がどっちのものか」ということではありません。会社の経営戦略、或いはマーケティング戦略を「義理人情」が邪魔をしたときどうするか、ということなのです。私が母から事務所の金銭的な決裁... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-06-13

義理人情の世界と現代経営―ウエットなしがらみをいかに断ち切るかは大きな課題―Ⅲ

というのは、会社の主要分野(会計経理は特に)にコンピュータを取り入れるか否かは単に社内体制の問題ではなく、会社が生き残れるか否かの対外的な死活問題だからです。「私が元気なうちは、今まで通り手書きの帳簿でゆっくりと私にやらせて欲しい。」というのは残念ながら叙情的我儘という... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-06-12

義理人情の世界と現代経営―ウエットなしがらみをいかに断ち切るかは大きな課題―Ⅱ

それまで父の事務所の仕組では、いろいろな支出の判断は先ず母を通してから、ということになっていました。これは、経営トップの私としては納得がいくものではありませんでしたし、実際そんなやり方を続けていてはとてもまともな経営はできません。相当すったもんだあったあげく、結局私は自... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-06-11

義理人情の世界と現代経営―ウエットなしがらみをいかに断ち切るかは大きな課題―Ⅰ

20年以上税理士として仕事を重ねながら、若い経営者と話をしていると「ある悩み」を抱えている人が結構多いことに気が付きました。それは「親の世代が財布のひもを離さない。」という悩みです。つまり経理の権限を先代社長かその奥さん、つまり今の社長からすれば「親父やお袋」がなか... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-06-10

目線を変えよう―考えかたと視点を変えなければなにも変わらないよ―Ⅲ

今回のお話は、ある若い経営者に対するプチ切れからいろいろと書いてしまいました。とはいえ、彼にも頑張って欲しいという気持ちはほかの若手経営者への思いと変わりはないのです。ただ残念なことに、彼はこういう集まりに参加するのに名刺も持ってきていませんでした。私は彼を励ましたく... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-03-31

目線を変えよう―考えかたと視点を変えなければなにも変わらないよ―Ⅱ

まず、「どん底から這い上がった」的な話を講演とか勉強会に期待するのはやめた方がいい。私も別にその手の人生ドラマが嫌いなわけではありませんが、それは個人的に話を聞くなり、そういった本を読めばいいことです。「浪花節」が好きかどうかはあくまでも個人的な好みの問題です。昨今、... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-03-30

目線を変えよう―考えかたと視点を変えなければなにも変わらないよ―Ⅰ

先日、例によって若手の経営者を中心にマーケティングの勉強会を開催したときのことです。このときは、マーケティングによる成功事例を何点かあげてお話をしました。具体的に自分の事業に応用できるかイメージしてもらおうと思ったのです。持ち時間はあっという間に過ぎて、みんな熱心に聞... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-03-29

業績回復・・・基本の基―これだけはやってみようよ。会社が変わる!社長の決断と実践―Ⅵ(おしまい)

1、改善点を見つける。これまた当然のことですが、実行に移した人には目の前にすぐ壁が現れます。思っていたことと違う現実を大なり小なり突き付けられることとなります。ここで、めげてしまい、諦める人が多いのも事実です。「やっぱり駄目だった。こんなことじゃないかと思っていた。」... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-03-10

1件~15件(32件)

過去の15件

RSS
財務診断
イメージ

たくさんの勘定科目と数字が並んだ決算書。1年間の業績がこの数枚の書類に記されています。「売り上げが減った」、「経費が増えた」、「利益が減った」・・・こ...

経営サポート
イメージ

当事務所は適切な会計処理・税務申告だけには留まりません。経営に関するあらゆるサポートを実施しています。■ 社長と共にマンツーマンでこれからの経営を考える...

 
このプロの紹介記事
海江田経営会計事務所 所長 海江田博士さん

地域と中小企業の活性化のための包括的な支援を行う税理士として(1/3)

 海江田経営会計事務所は、会社経営者の多角的支援をモットーとしている志布志地域では規模の大きな事務所です。代表である海江田博士さんは、税理士であるお父様の跡を継いだ二代目。鹿児島市をはじめ福岡や奄美大島などエリアを超えた会計事務所として精力...

海江田博士プロに相談してみよう!

鹿児島読売テレビ マイベストプロ

税務に留まらず多角的に支援することで経営の発展を目指す強み

事務所名 : 海江田経営会計事務所 
住所 : 鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL : 099-472-0620

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

099-472-0620

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

海江田博士(かいえだひろし)

海江田経営会計事務所 

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
常識破りの功罪Ⅳ(おしまい)

残念ながら私はその委員会には馴染めなかったのですだが、別に愚痴や批判を書きたいわけではないので、そこのとこ...

[ 中小企業経営を考える ]

スタイリスト、「服育」の勧めⅡ

面白かったのは、その逆のサンプルとして、イタリアの男のこんなエピソードを語っておられた。ヨーロッパで仕事を...

[ マーケティング ]

マーケティング 経営改革の第一歩
イメージ

現代はマーケティングの時代と呼ばれています。作り手の都合が優先されていた時代から、消費者が主導権を取る時...

[ マーケティング ]

地方商店街 衰退の原因
イメージ

 原因はマーケティングの欠如! 地方商店街が衰退した原因はなにか?と質問されたら、その答えは「マーケテ...

[ マーケティング ]

若者から見た「ズレ」への共感について―現代日本の様々な矛盾点を考えてみる―Ⅴ

世の中が、既存の仕組みの中で既存の構成メンバーによってはなかなか変えられない、となると、その変革への期待が...

[ 世代による考え方、行動の違いを考察する ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ