コラム一覧 :中小企業経営を考える

1件~15件(53件)

過去の15件

伝統の破壊と再生―日本酒の挑戦―Ⅹ

イメージ

[あえてハングリーマーケット戦略はとらず]さて、このように様々な紆余曲折を経て、現在のポジションを確保してきた『獺祭』ですが、今後の見通しについてリーダーである桜井氏は、どのように考えているのでしょうか。― 設備投資を行った結果、2015年には生産能力は年間9000キロリットル... 続きを読む

中小企業経営を考える

2018-02-18

伝統の破壊と再生―日本酒の挑戦―Ⅸ

イメージ

杜氏達との確執とその廃止、販売業者への挑戦的な宣言といった経緯を経て、桜井氏はどのような結論に達したのでしょうか。― 「安くすれば売れる、というのは嘘です。もう二度とやりません。」―これは極めて重大な結論です。言葉自体は短いが、そう簡単に誰でも言えることではありません... 続きを読む

中小企業経営を考える

2018-02-17

伝統の破壊と再生―日本酒の挑戦―Ⅷ

イメージ

杜氏の廃止、実績の上がらない販売業者への供給の打ち切り、いずれの宣言も、これまでの酒製造メーカーには考えられない内容です。このような宣言を可能にしたのは、以下のような背景があったからといえるでしょう。― これは、品質への自信があるからできる方法である。これでは相手は必死... 続きを読む

中小企業経営を考える

2018-02-16

伝統の破壊と再生―日本酒の挑戦―Ⅶ

イメージ

製造において、杜氏を廃止するという、まるでそれまでの伝統を破壊するような、極めて大胆な手法に打って出た桜井氏でした。しかし、『いい酒を造りたい』というより大きな目標の前では、杜氏を使うか否かの選択は、より小さな意味での伝統の破壊に過ぎなかったのだろう、と思います。一見、... 続きを読む

中小企業経営を考える

2018-02-15

伝統の破壊と再生―日本酒の挑戦―Ⅵ

イメージ

[伝統に対する挑戦]そういった危機的状況のとき、桜井氏はどうしたでしょうか? 原理原則に立ち返って、事業の原点を考え直してみたのです。しかしそれは、意外な方法論だったのです。どのように考えたのか、インタビューに答えておられます。― 桜井氏は、経営危機のときに、自問自... 続きを読む

中小企業経営を考える

2018-02-14

伝統の破壊と再生―日本酒の挑戦―Ⅴ

イメージ

[職人達との確執]先述しましたように、桜井氏の父上は急逝されたために、よくあるほかのケースのように、先代との確執が長く続いた訳ではありませんでした。私が見てきた経験では、ここの確執が長引くと、 そのうちに後継者が萎えてしまい、或いは嫌気がさしてしまって、事業の承継がうまく機... 続きを読む

中小企業経営を考える

2018-02-13

伝統の破壊と再生―日本酒の挑戦―Ⅳ

イメージ

経営革新を推し進める際には、自社内部の改革に着手するだけではなく、その時代の外部環境にも目を配る必要があります。外部環境が極端に変化した場合、企業内部の改革だけでは対応しきれないからです。そういった時代の変化について次のように述べられています。― 桜井氏は「日本酒が売... 続きを読む

中小企業経営を考える

2018-02-12

伝統の破壊と再生―日本酒の挑戦―Ⅲ

イメージ

[安売りとの戦い]桜井氏は父上との関係を修復できぬまま、父上は亡くなってしまいました。これはある意味不幸なことではありますが、自社の改革について後戻りできないという覚悟を促すきっかけにもなったであろうことは想像に難くありません。― 旭酒造は岩国市内に4つある酒蔵のなかで... 続きを読む

中小企業経営を考える

2018-02-11

伝統の破壊と再生―日本酒の挑戦―Ⅱ

私がまず、興味をひかれたのは後継者としての意識についてです。どのような経緯で事業を受け継いで行ったのか、そこで何を考え、何を実行したのかといったような点について、知りたいと思いました。その点について桜井氏は、父親との確執を含めて以下のように答えておられます。― 社長の... 続きを読む

中小企業経営を考える

2018-02-10

伝統の破壊と再生―日本酒の挑戦―Ⅰ

イメージ

[『獺祭』最初の出会い]先日、ある懇親会の2次会で、いつもならビールのあとは大抵焼酎なのですが、この日はどういう訳か、珍しく「そうだ。たまには日本酒を飲もう。」ということになりました。すると、メンバーの一人が「あ、この店には『獺祭(だっさい)』が置いてある。飲もう、... 続きを読む

中小企業経営を考える

2018-02-09

クラウドの登場とその影響―様々な格差について考える―

イメージ

中小企業の現状大企業は急速に改革を進めて、ITの導入などビジネス環境の整備を進めています。一方で、こういった状況からいまだに取り残されているのが、中小零細企業の現状と言えるでしょう。中小企業において、ITに関するシステムの導入が一向に進まない原因に、費用と操作性に対応でき... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-11-29

ソフトへの対価と経済格差の原点―様々な格差について考える―

イメージ

ソフトへの対価私の事務所の場合、地域の中小企業に対してかなり踏み込んだサービスを実施しています。しかし、そこでいただくフィーに関して、まだ合理的な料金体系が確立されていません。今のところ、必然的に過剰サービス提供状態に陥っている感が否めないのです。 原因は、経済のパイ... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-11-28

業種と所得の少なさが問題―様々な格差について考える―

イメージ

選択肢の少ない業種のバリエーション立地が地方であること、規模が小さいこと、このダブルの不利な条件において人材の確保が難しいのが地方の中小零細企業の現状。これは、今後より切実な問題となっていくでしょうと書きました。 それだけではありません。選べる様々な「業種」のバリエ... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-11-27

ますます困難が予想される人材の確保―様々な格差について考える―

イメージ

さて、格差についてさらに考えてみたいと思います。 これは以前にもこのコラムでも書いたことですが、地方と中央との格差は経済面だけではありません。もちろん、大きな意味では「中央経済」と「地方経済」という格差がその背景にあり、それがすべてに通じるというのは言うまでもないことです。... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-11-26

中小企業、繁栄の変遷―様々な格差について考える―

イメージ

[見出し:町の商売、その変遷]私の父が、税理士として事務所の業績を最も伸ばしたのは、昭和40年第50年代とその前後を含む約30年間ということになります。当時、どんどん発展し続ける商売人の旦那衆から多くの会社設立いわゆる「法人成り」を請け負ったのではないかと推察されるのです... 続きを読む

中小企業経営を考える

2017-11-25

1件~15件(53件)

過去の15件

RSS
財務診断
イメージ

たくさんの勘定科目と数字が並んだ決算書。1年間の業績がこの数枚の書類に記されています。「売り上げが減った」、「経費が増えた」、「利益が減った」・・・こ...

経営サポート
イメージ

当事務所は適切な会計処理・税務申告だけには留まりません。経営に関するあらゆるサポートを実施しています。■ 社長と共にマンツーマンでこれからの経営を考える...

 
このプロの紹介記事
海江田経営会計事務所 所長 海江田博士さん

地域と中小企業の活性化のための包括的な支援を行う税理士として(1/3)

 海江田経営会計事務所は、会社経営者の多角的支援をモットーとしている志布志地域では規模の大きな事務所です。代表である海江田博士さんは、税理士であるお父様の跡を継いだ二代目。鹿児島市をはじめ福岡や奄美大島などエリアを超えた会計事務所として精力...

海江田博士プロに相談してみよう!

鹿児島読売テレビ マイベストプロ

税務に留まらず多角的に支援することで経営の発展を目指す強み

事務所名 : 海江田経営会計事務所 
住所 : 鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL : 099-472-0620

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

099-472-0620

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

海江田博士(かいえだひろし)

海江田経営会計事務所 

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
常識破りの功罪Ⅳ(おしまい)

残念ながら私はその委員会には馴染めなかったのですだが、別に愚痴や批判を書きたいわけではないので、そこのとこ...

[ 中小企業経営を考える ]

スタイリスト、「服育」の勧めⅡ

面白かったのは、その逆のサンプルとして、イタリアの男のこんなエピソードを語っておられた。ヨーロッパで仕事を...

[ マーケティング ]

マーケティング 経営改革の第一歩
イメージ

現代はマーケティングの時代と呼ばれています。作り手の都合が優先されていた時代から、消費者が主導権を取る時...

[ マーケティング ]

地方商店街 衰退の原因
イメージ

 原因はマーケティングの欠如! 地方商店街が衰退した原因はなにか?と質問されたら、その答えは「マーケテ...

[ マーケティング ]

伝統の破壊と再生―日本酒の挑戦―Ⅹ
イメージ

[あえてハングリーマーケット戦略はとらず]さて、このように様々な紆余曲折を経て、現在のポジションを確保...

[ 中小企業経営を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ