コラム一覧 :人生を考える

1件~15件(49件)

過去の15件

したたかな人生、祖母の思ひ出―この人だけは敵に回したくないと思わせる人―Ⅲ(おしまい)

イメージ

こうして、それまで誰からも聞いたことのなかった祖母の武勇伝を、その最晩年になって本人から聞くことで、私と家内は知るところとなったのです。すごく重みのある話なのですが、どことなくユーモアもあって、そんなエピソードを知った私たち夫婦は何だかほのぼのとした気分でもありました。... 続きを読む

人生を考える

2017-05-11

したたかな人生、祖母の思ひ出―この人だけは敵に回したくないと思わせる人―Ⅱ

当時、祖母の店のあった大隅半島の大崎町から鹿児島市までは馬車で1日がかりだった、と言っていました。(馬車ですよ、馬車!)最初は玄関払いで相手にもされなかったらしいのです。しかし、めげずに何回も通っているうち、祖母の熱心さと粘り強さにとうとう配給の権限を持つ担当の課長さん... 続きを読む

人生を考える

2017-05-10

したたかな人生、祖母の思ひ出―この人だけは敵に回したくないと思わせる人―Ⅰ

「人々の幸福のために何かをなし得る人は、結果的に自らも幸福を手に入れる。」或るTV番組で作家の村上龍が編集後記として述べていた言葉です。数年前、100歳で亡くなった祖母のことを思うと、こういった言葉がそのまま生前の姿にダブってきます。祖母は私にとって小さい頃からとて... 続きを読む

人生を考える

2017-05-09

2つの結婚披露宴―悪いことしちゃったなあ・・・遠い昔のほろ苦き思ひで―Ⅱ(おしまい)

イメージ

「はて? 今日、式をあげるのは俺たちだけと聞いていたけど…」と私は不思議に思いました。後で事情を聞くと、どうしてもその日でなければ都合の悪いカップルがいたらしく、強引にというよりも、何とか頼みこんで自分たちの式を入れてもらったとのことだったのです。そうやって、彼らはよう... 続きを読む

人生を考える

2017-05-04

2つの結婚披露宴―悪いことしちゃったなあ・・・遠い昔のほろ苦き思ひで―Ⅰ

私の結婚式のときのことですから今からもう30年近く昔の話になります。大変な騒ぎだった結婚披露宴の中、私と家内にとってはほろ苦いというか少し胸の痛い思い出があるのです。私たちの結婚披露宴は、当時父の最も大きなクライアント(今でもそうですが)であるブライダル企業の結婚式場で... 続きを読む

人生を考える

2017-05-03

K女史にまつわる過激な思ひ出―明治生まれパワーに圧倒されたあの事件―Ⅴ(おしまい)

その「恋愛ドタバタ劇」の際には、先輩や友達同士、アドバイスしたりされたり、何だかんだと議論したり意見をぶっつけあったりもします。少なくとも、当時の私はそうでした。しかし、そんななか、恋愛に関してK女史ほど過激かつ直截なアドバイスをくれた人はいませんでした。(それを実行に... 続きを読む

人生を考える

2017-04-23

K女史にまつわる過激な思ひ出―明治生まれパワーに圧倒されたあの事件―Ⅳ

その日、その後どんなやりとりをしたのか細かいことはよく覚えていません。が、とにかくK女史の店を出るときには、私はその振られた女性を『さらう』ことを決断していたのです。一坪ショップの魔女は、とんでもない婆さんでした。(とんでもないのは私も…か?)で、ここからは本当にヤバ... 続きを読む

人生を考える

2017-04-22

K女史にまつわる過激な思ひ出―明治生まれパワーに圧倒されたあの事件―Ⅲ

男と女がいて恋愛して付き合って、どっちかがどっちかに振られる、別れる、などというのはもちろん日常的にあることだ。そんなことでドタバタしても仕方ないのは分かり切ったことである。これくらいのことは、大人になった今では当然のこととして理解できる。が、当時、若輩者(じゃくはい... 続きを読む

人生を考える

2017-04-21

K女史にまつわる過激な思ひ出―明治生まれパワーに圧倒されたあの事件―Ⅱ

さて、私はこのK女史との間にとても過激な思い出があるのです。これから書くことは、税理士という社会的には比較的お堅いと思われている職業人にはあるまじき行為だったかもしれないので、できるだけサラリと済まそうと思います。(と言っても税理士になる遥か前、40年も昔のことではありま... 続きを読む

人生を考える

2017-04-20

K女史にまつわる過激な思ひ出―明治生まれのパワーに圧倒されたあの事件―

このコラムには祖母の話が度々出てきます。私が小さいころ祖母に育てられたお婆ちゃん子ということもあるのだが、明治生まれの祖母の人格がとても魅力的なことや、その言動に何とも言えない味わい深さがあるからです。そういう意味で、私にはもう一人忘れることのできない年配の女性がいます... 続きを読む

人生を考える

2017-04-19

青春の彷徨、新宿ゴールデン街―無頼に生きる、がテーマだったあの頃―Ⅲ(おしまい)

いろんな「離れ」があっても、テレビ離れ、消費離れ、ギャンブル離れ、煙草離れくらいはかまわない。世の中の流れを見ていれば、その方がいいんじゃないの、とも思います。今の若い人たちが、かつての私のように酒を飲んだくれて、無理に「無頼」を気取る必要など全くありません。ただ、特... 続きを読む

人生を考える

2017-04-18

青春の彷徨、新宿ゴールデン街―無頼に生きる、がテーマだったあの頃―Ⅱ

当時の私は、酒をしたたかにあおってへべれけになっている自分に、「無頼」であることの軽い陶酔のような気分を投影していたのかも知れません。ゴールデン街のこの酒場の常連客の中では、私は長い間一番下の世代でした。今考えれば、団塊の世代以上の年齢層の人たちが多かったのです。そ... 続きを読む

人生を考える

2017-04-17

青春の彷徨、新宿ゴールデン街―無頼に生きる、がテーマだったあの頃―Ⅰ

先日若者の「○○離れ」について書きました。あのときは「車離れ」と「ブランド品離れ」について私の考えを述べてみましたが、そのほかにも若者の「○○離れ」は沢山あるそうです。酒離れ、煙草離れ、ギャンブル離れ、恋愛離れ、活字離れ、テレビ離れ、電話(固定)離れ、消費離れいろいろと挙... 続きを読む

人生を考える

2017-04-16

人は「会」に何を求めるのか?―群れずに生きられるか、が私の大きな課題―Ⅳ(おしまい)

こうやって考えていくと現在の日本の局面が、違う角度から見えてきます。日本の人口は既に何年も前から減り始めています。15歳から65歳までの労働人口は、それよりももっと前から減り始めていました。ああいういろんな「会」に集って仲間を作り、励ましあったり慰めあったりしながら、... 続きを読む

人生を考える

2017-04-10

人は「会」に何を求めるのか?―群れずに生きられるか、が私の大きな課題―Ⅲ

こういう会ではいつも「参ったな。」と思わされることがあります。それは入った途端、次の会員を勧誘して来い、という奴です。どの会も会員増強は大きな命題らしく、大抵の会で入会と同時にこのことを要求されます。おそらくどの会も新しい会員がなかなか増えないのでしょう。私はこれが... 続きを読む

人生を考える

2017-04-09

1件~15件(49件)

過去の15件

RSS
財務診断
イメージ

たくさんの勘定科目と数字が並んだ決算書。1年間の業績がこの数枚の書類に記されています。「売り上げが減った」、「経費が増えた」、「利益が減った」・・・こ...

経営サポート
イメージ

当事務所は適切な会計処理・税務申告だけには留まりません。経営に関するあらゆるサポートを実施しています。■ 社長と共にマンツーマンでこれからの経営を考える...

 
このプロの紹介記事
海江田経営会計事務所 所長 海江田博士さん

地域と中小企業の活性化のための包括的な支援を行う税理士として(1/3)

 海江田経営会計事務所は、会社経営者の多角的支援をモットーとしている志布志地域では規模の大きな事務所です。代表である海江田博士さんは、税理士であるお父様の跡を継いだ二代目。鹿児島市をはじめ福岡や奄美大島などエリアを超えた会計事務所として精力...

海江田博士プロに相談してみよう!

鹿児島読売テレビ マイベストプロ

税務に留まらず多角的に支援することで経営の発展を目指す強み

事務所名 : 海江田経営会計事務所 
住所 : 鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL : 099-472-0620

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

099-472-0620

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

海江田博士(かいえだひろし)

海江田経営会計事務所 

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
常識破りの功罪Ⅳ(おしまい)

残念ながら私はその委員会には馴染めなかったのですだが、別に愚痴や批判を書きたいわけではないので、そこのとこ...

[ 中小企業経営を考える ]

スタイリスト、「服育」の勧めⅡ

面白かったのは、その逆のサンプルとして、イタリアの男のこんなエピソードを語っておられた。ヨーロッパで仕事を...

[ マーケティング ]

マーケティング 経営改革の第一歩
イメージ

現代はマーケティングの時代と呼ばれています。作り手の都合が優先されていた時代から、消費者が主導権を取る時...

[ マーケティング ]

地方商店街 衰退の原因
イメージ

 原因はマーケティングの欠如! 地方商店街が衰退した原因はなにか?と質問されたら、その答えは「マーケテ...

[ マーケティング ]

言葉の裏っ側(うらっかわ)―わかっていても引っかかってしまう経営者の弱点―Ⅲ

それから、こういったことが繰り返し起きる際の大きな特徴の一つに、引っかかる社長さんは同じような手口に何回も...

[ 中小企業経営を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ