>   >   >   >   >   >  世代による考え方、行動の違いを考察する

コラム一覧 :世代による考え方、行動の違いを考察する

1件~14件(14件)

若者から見た「ズレ」への共感について―現代日本の様々な矛盾点を考えてみる―Ⅺ

イメージ

さて、ここまでいろいろと述べてきました「既得権益」或いは「成功体験」といったものについて、そろそろ結論めいたことを導き出さなければなりません。この点についても古市氏は著書の最後にこう述べています。― しかし「おじさん」になるのは、悪いことばかりではない。「おじさん」は「... 続きを読む

世代による考え方、行動の違いを考察する

2017-09-30

若者から見た「ズレ」への共感について―現代日本の様々な矛盾点を考えてみる―Ⅹ

そうなのです。賢い若者たちは、とっくに「おじさん」社会の限界と崩壊を見抜いているに違いありません。彼の「おじさん」に対するほぼ結論に近い見解はさらに続きます。― もし本当にこの社会を変えたいならば、「おじさん」たち自身から変わらなければならない。しかし疑うことを忘れ... 続きを読む

世代による考え方、行動の違いを考察する

2017-09-29

若者から見た「ズレ」への共感について―現代日本の様々な矛盾点を考えてみる―Ⅸ

現代は「トライ&エラー」の時代であると私は考えています。ビジネスにおいても、様々なアイディアを考え、それを矢継ぎ早に試してみる必要があるのです。そうやって、様々実行してみるというところまでいかなければ、本体である事業もうまくいくかどうかの保証はないのが今の世の中です。... 続きを読む

世代による考え方、行動の違いを考察する

2017-09-28

若者から見た「ズレ」への共感について―現代日本の様々な矛盾点を考えてみる―Ⅷ

「成功体験」が「既得権益」と少し異なるのは、時代としては既に終わっているという点になります。「既得権益」がいまだに存続しています。しかしながら、ここで言っている「成功体験」の方は、高度経済成長時代からバブル崩壊までの数十年の間に終わっているのです。とはいえ、その残像と... 続きを読む

世代による考え方、行動の違いを考察する

2017-09-27

若者から見た「ズレ」への共感について―現代日本の様々な矛盾点を考えてみる―Ⅶ

古市氏のいう「おじさん」は、おそらく都会在住の彼の立場からすると、イメージとしては企業の役員や社員、官僚、公務員などを指していると推察されます。都会にあっては、大手及び中堅企業等で働くサラリ-マンの数は圧倒的だからです。かなり崩れてきたとはいえ、彼らは今でも、原則終身雇... 続きを読む

世代による考え方、行動の違いを考察する

2017-09-26

若者から見た「ズレ」への共感について―現代日本の様々な矛盾点を考えてみる―Ⅵ

古市氏はこの著書の中で「おじさん」という言葉を度々使っています。彼の言う「おじさん」とは、どういった人を指すのでしょうか。彼は次のように表現しています。― 「おじさん」とは、いくつかの幸運が重なり、既得権益に仲間入りすることができ、その恩恵を疑うことなく毎日を過ごして... 続きを読む

世代による考え方、行動の違いを考察する

2017-09-25

若者から見た「ズレ」への共感について―現代日本の様々な矛盾点を考えてみる―Ⅴ

世の中が、既存の仕組みの中で既存の構成メンバーによってはなかなか変えられない、となると、その変革への期待がどうしても若い人に向けられます。その点についても古市氏は、次のように一刀両断していました。― 社会を変えられるのは「若者」ではなくて「おじさん」だ。「おじさん」のほ... 続きを読む

世代による考え方、行動の違いを考察する

2017-09-24

若者から見た「ズレ」への共感について―現代日本の様々な矛盾点を考えてみる―Ⅳ

ところが、しばらく経って気が付いたのは先述の「誰に向けた、何のための発信なのか」という視点がまるで欠けているということだったのです。いろいろな議論を重ねたが、最後までその点は私にとって不明でした。結果、それまでと大した進展のないまま「対外広報」の部署だけが名目的に残... 続きを読む

世代による考え方、行動の違いを考察する

2017-09-23

若者から見た「ズレ」への共感について―現代日本の様々な矛盾点を考えてみる―Ⅲ

「だから日本はズレている」は、随所に面白い箇所が多かったのですが、例えば次のような指摘は鋭くそのズレを指摘しており考えさせられます。― 要するにそれ(さまざまな日本の情報発信)が「誰に向けた、何のための発信なのか」というマーケティングと効果測定の視点が皆無なのである。「ク... 続きを読む

世代による考え方、行動の違いを考察する

2017-09-22

若者から見た「ズレ」への共感について―現代日本の様々な矛盾点を考えてみる―Ⅱ

古市氏が批判する―どう考えても頑張りどころが違う・・・・誰も欲しがっていないようなサービスを生み出してしまう―といった数々のプロジェクト。以前、私も同じような内容のことを確か「補助金について」といったテーマで書いたことがあります。そこではこんなことを書いていました。... 続きを読む

世代による考え方、行動の違いを考察する

2017-09-21

若者から見た「ズレ」への共感について―現代日本の様々な矛盾点を考えてみる―Ⅰ

以前、社会学者(?)の古市憲寿氏の著書「だから日本はズレている」を大変興味深く読んだのでご紹介します。〔新潮社新書、2014年発行〕古市氏は1985年生まれの若者です。私の長女より2歳年下です。当時29歳の若者がなかなか面白い本を書いたもので、興味深いものでした。... 続きを読む

世代による考え方、行動の違いを考察する

2017-09-20

笑いのツボっていろいろだよね―ジェネレーションによって違う「何が可笑しいのか・・・」―Ⅲ(終り)

昭和と平成をまたいでいるといっても、次女とその子たちの年齢はいくらも違いません。私は、「へェ―、お前の年齢でもそんなこと感じるの?」と、不思議に思いました。とはいえ、昭和生まれの長女と次女は以前から平成生まれの長男、つまり弟のことを「やっぱ、平成生まれはどっか違うわ... 続きを読む

世代による考え方、行動の違いを考察する

2017-07-15

笑いのツボっていろいろだよね―ジェネレーションによって違う「何が可笑しいのか・・・」―Ⅱ

さて、ジェネレーションギャップというものは、いろんな場面で出現します。ファッション、音楽などの流行、社会風俗、ものの考え方いろいろあるといえます。しかし、その中でも特に顕著なのは「笑い」、具体的に言えば「何が可笑しいのかわからない!?」という奴ではないでしょうか。笑い... 続きを読む

世代による考え方、行動の違いを考察する

2017-07-14

笑いのツボっていろいろだよね―ジェネレーションによって違う「何が可笑しいのか・・・」―Ⅰ

以前、テレビ番組で「昔使っていたいろいろな道具が今の若者や子供にわかるか、理解できるか、実際に使えるか?」という特集をやっていました。カン切りや栓抜き、ダイヤル式電話などをどうやって使うか、子供たちや若い子にやらせてみるのです。カン切りでカンのふたにブスブス穴をあけ... 続きを読む

世代による考え方、行動の違いを考察する

2017-07-13

1件~14件(14件)

RSS
財務診断
イメージ

たくさんの勘定科目と数字が並んだ決算書。1年間の業績がこの数枚の書類に記されています。「売り上げが減った」、「経費が増えた」、「利益が減った」・・・こ...

経営サポート
イメージ

当事務所は適切な会計処理・税務申告だけには留まりません。経営に関するあらゆるサポートを実施しています。■ 社長と共にマンツーマンでこれからの経営を考える...

 
このプロの紹介記事
海江田経営会計事務所 所長 海江田博士さん

地域と中小企業の活性化のための包括的な支援を行う税理士として(1/3)

 海江田経営会計事務所は、会社経営者の多角的支援をモットーとしている志布志地域では規模の大きな事務所です。代表である海江田博士さんは、税理士であるお父様の跡を継いだ二代目。鹿児島市をはじめ福岡や奄美大島などエリアを超えた会計事務所として精力...

海江田博士プロに相談してみよう!

鹿児島読売テレビ マイベストプロ

税務に留まらず多角的に支援することで経営の発展を目指す強み

事務所名 : 海江田経営会計事務所 
住所 : 鹿児島県志布志市志布志町安楽2024-2 [地図]
TEL : 099-472-0620

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

099-472-0620

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

海江田博士(かいえだひろし)

海江田経営会計事務所 

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
常識破りの功罪Ⅳ(おしまい)

残念ながら私はその委員会には馴染めなかったのですだが、別に愚痴や批判を書きたいわけではないので、そこのとこ...

[ 中小企業経営を考える ]

スタイリスト、「服育」の勧めⅡ

面白かったのは、その逆のサンプルとして、イタリアの男のこんなエピソードを語っておられた。ヨーロッパで仕事を...

[ マーケティング ]

マーケティング 経営改革の第一歩
イメージ

現代はマーケティングの時代と呼ばれています。作り手の都合が優先されていた時代から、消費者が主導権を取る時...

[ マーケティング ]

地方商店街 衰退の原因
イメージ

 原因はマーケティングの欠如! 地方商店街が衰退した原因はなにか?と質問されたら、その答えは「マーケテ...

[ マーケティング ]

霧島酒造躍進の理由・・「離れる戦略」の研究―「離れる」決断の重要性について考える―Ⅱ
イメージ

霧島酒造に関するこの文書を読んで記憶によみがえったことがあります。それはもう10年以上も昔のことでしょう...

[ 経営について考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ