コラム

 公開日: 2015-04-10 

鹿児島・熊本の最新のお墓に使用される良質な石の紹介

現在多くのお墓が外国産の石を使用して作られます。
一番多いのが中国産が5割以上、次にインド産、そしてその他の国になります。種類としては50種類以上になります。
 では、最近人気の石とは
1、インド産  アーバングレー石 
2、インド産  M-6緑石
3、中国産  G654グレー石
4、インド産  キング黒石
5、中国産   G668緑石
6、インド産  緑宝石
7、中国産  G623白石    となります。それぞれに、色合い・結晶・艶などに違いがあり好みが分かれると思います。
石の質としては、インド産はどの石も良質で耐久性と吸収率も低く劣化しにくいといえます。中国産は、幅広くインド産と同じくらいに良質のものもあれば、質も少々劣るものもあります。だからと言って、何百年で朽ちかけることはありません。
 皆様の好み・ご予算に応じて必ず合う石がありますので建立の際は実物を見学するのがよいでしょう。
アドバイスとして、屋内や屋根つきの展示場では石の品質はわかりにくいです。
外に建っているお墓は常に太陽の光と雨水を受けています。質の劣る石は雨ジミができたり、黄ばんだりした
ところが確認できます。そして色アセなどもわかるでしょう。
 セキショウの事務所の近くには4000基のお墓が立っている霊園があります。皆様をそちらにご案内させていただき
、「大変参考になった。」、「こんなに違うのだねー」というお声があります。ぜひ1度ご見学ください。
有限会社セキショウ
http://www.sekisho.info/index.html
■本社
 鹿児島市五ヶ別府町1736星ヶ峯霊園入口
 TEL:0120-81-7440 FAX:099-201-1560




この記事を書いたプロ

(有)セキショウ [ホームページ]

石坂和也

鹿児島県鹿児島市五ヶ別府町1736 [地図]
TEL:0120-81-7440

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セキショウ三つの安心
イメージ

[1] 安心価格「よい品をより安く」[2] 安心施工「耐久・耐震づくり」[3] 安心保証「10年保証」さらに安心、日本石材産業協会認定認定番号 03-200...

 
このプロの紹介記事
有限会社セキショウ 代表取締役石坂和也

代々続く石職人の技術を現代に活かした地域と時代にマッチしたお墓を提供する(1/3)

 有限会社セキショウは、鹿児島でも有数の墓石販売の会社です。その歴史は古く創業は昭和初期、80年以上前にさかのぼります。セキショウは石坂さんの祖父にあたる先々代が石職人から立ち上げた会社です。その後2代目のお父様へと代替わりし弟さんが一足先...

石坂和也プロに相談してみよう!

鹿児島読売テレビ マイベストプロ

伝統的な墓石からオリジナル墓石まで希望に対応できる石材のプロ

会社名 : (有)セキショウ
住所 : 鹿児島県鹿児島市五ヶ別府町1736 [地図]
TEL : 0120-81-7440

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-81-7440

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石坂和也(いしざかかずや)

(有)セキショウ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
熊本地震倒壊0件のお墓づくり
イメージ

 今回の熊本地震で倒壊した墓石は数万件になります。地震の被害に見舞われた方には心よりお見舞い申しあげる...

[ 地震に強いお墓づくり ]

物件紹介
イメージ

ステンドグラスを使用した世界に一つだけのお墓。故人への想いををかたちにさせていただくお手伝...

[ 建立物件紹介 ]

今話題の海洋葬鹿児島でもできます
イメージ

昨日行いました海洋葬の様子です。今回はおじいちゃんのお骨のご依頼でした。闘病中「病院から見える錦江湾に...

[ 鹿児島の海洋葬・散骨 ]

お墓づくりの前に知っておきたいこと(鹿児島・熊本・宮崎・九州を中心に)

 なぜお墓を建てるのかご存じですか? お墓を建てるのは、先祖を供養し、子孫の繁栄を願うため。また、亡く...

[ お墓づくりについて ]

最近の建立物件長島町・枕崎市紹介
イメージ

長島町川中様、枕崎市国生・薩摩川内市様福山様・甑島・鹿児島市他

[ 完成紹介 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ